とんど祭(若宮八幡宮)

1月15日に若宮八幡宮で、とんど祭が6:00に行われます。(京都:1月の行事)
とんどは、氏子・地域住民の五穀豊穣や無病息災などを祈願して行われます。
とんどは、前日の夕方に長い竹で囲われ形を作ります。その後、注連縄や藁、正月飾りなどが入れられます。
とんどの事をどんどや左義長とも呼んだり、地域により呼び名は様々です。境内では、甘酒がふるわれます。


神事が本殿で行われた後に、とんどの点火です。神火より点火します。
火がつくと神職さん参列者さんと共に、大祓詞を唱えます。
祭壇前に護摩木が置かれていて、それを、神職さんが最初に、そして参列者さんが投げ入れます。
  

2010年に行われた「とんど祭」の様子です。

若宮八幡宮の行き方〜
京阪バス「四ノ宮」「国道音羽」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)