とんど(三栖神社)

15日に近い日曜に、三栖神社で、とんど(左義長)が行われます。(京都:1月の行事)
とんどは、五穀豊穣や無病息災などを祈願して行われます。
三栖神社のとんど(左義長)は、1週間前から建てられます。
3本の竹を柱に縄・ワラ・竹などを用いて、10M規模のとんどを作ります。



点火する前に神事が始まります。1月の寒い時期に行われるので、とんどの横には、たき火が・・・
 

神火を元に氏子さんが持つ数本のワラに火を移し、とんどの点火が6:00頃に行われます。
ワラに火が付くと、各自がとんどの回りを囲み一斉に火を付けます。火を付けるとあっと言う間に燃え上がります。
  

燃え上がった、とんどを鳥居の上に当てるように倒します。
前もって、とんどには、倒す方向に鉄線が取り付けてあります。

燃え上がって、倒されるまで1分程度です。倒されると、上部の部分は鳥居の外、路上に出し、上部だけ消化します。
  

とんどの本体の部分は、燃え尽きるまで燃やします。
 

2008年に行われた「とんど」の様子です。

三栖神社の行き方〜
京阪「中書島駅」下車、徒歩10分。

きょうの沙都(トップ)