寒中托鉢出発式(聖護院)

1月8日に聖護院で、寒中托鉢出発式が境内で行われます。(京都:1月の行事)
寒中托鉢とは、信徒さんの家内安全と無病息災を祈り市内の家々を、法螺貝と音声で歩きます。
1936年から続く恒例行事です。

鈴懸に結袈裟・頭巾という山伏格好で聖護院に集合します。


聖護院の宸殿前で、開白式が12:00より始まります。寒中托鉢修行に全国より120名ほどが集まりました。
出発式の前に、訓辞など挨拶があります。
  

一度、門を閉め、宸殿前で隊列を組みなおし、法螺貝の合図で聖護院を13:00に出発します。
各班、8名前後で、市内の家々を托鉢しながら移動します。
  

2007年に行われた「寒中托鉢出発式」の様子です。

〜聖護院の行き方〜
市バス「熊野神社前」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)