白朮祭(八坂神社)

1月1日に八坂神社の本殿で、白朮祭が行われます。(京都:1月の行事)
12月28日に、種火となる火を作り出します。その火を本殿の「をけら灯籠」に移します。
12月31日に、本殿の「をけら灯籠」から、境内3箇所の「をけら灯篭」に火を点けます。
1月1日に、本殿の「をけら灯籠」から、をけら火を、浄火をして拝殿前に撒きます。


正月に本殿で神事が5:00より行われます。
神事は本殿内で行われるために、外からではほとんど見えないと思います。
神事が終わると、薬草の白朮の根を混合にした削掛を膳に盛り、本殿前から撒きます。最初は神職さんが…
  

をけら火を片手に持ち、削掛を入れた膳を持って、削掛に火を点けます。
火のついた削掛のをけら火を本殿前に撒かれます。

  

古式にのっとり、この浄化した火を火縄につけようとしている人も、少々おられます。
今は、をけら灯篭から火縄に移す形になっていますが、古式では、こちらの火だそうです。
最後の膳が撒かれて、白朮祭は終了します。

 

元旦の早朝は人も多いです。本殿前に撒かれる時間は、5分程度で、あっと言う間に終わります。

2007・13年に行われた「白朮祭」の様子です。

〜八坂神社の行き方〜
市バス「祇園」下車。/京阪「祇園四条駅」下車、徒歩5分。

きょうの沙都(トップ)