明恵上人忌(高山寺)

1月19日に、高山寺で開山堂と御廟で明恵上人忌が10:30に行われます。(京都:1月の行事)
明恵上人忌とは、後鳥羽上皇より寺の復興の道場として、高山寺を建立しました。
戒律を重んじて、高山寺で学問にはげみ、復興に尽力しました。
上人は坐禅を好み、日中夜、修行に没頭したと言われています。

御廟には、「山のはにわれも入りなむ月も入れ 
夜な夜なごとにまた友とせむ」と刻まれた明恵上人の石碑があります。

普段は御廟の中に入れませんが、明恵上人忌の時は特別に入れます。


石水院から僧侶さん達が、開山堂に向かわれます。
明恵上人は和歌山の出身とあり、金剛山からも僧侶さんが来られています。

開山堂で、法要が行われます。下記の順序にて、行われます。
前讃(四智梵語)/理趣経/後讃(佛讃)/光明真言:七遍/佛眼/
南無当山鎮守/南無大師遍照金剛/南無開山明恵上人/回向/出堂

法要も最後の方になると、檀家さんの焼香や参列者(一般の方)さんも焼香を上げます。
  

開山堂での法要が終えると、高山寺の僧侶さんだけで御廟にて法要が行われます。
御廟での僧侶さん檀家さんの焼香が終わると、御廟の奥の明恵上人の石碑前で焼香が上げられます。
ふたたび御廟に戻り、法要をして終わります。ここでも、檀家さん以外にも、一般の方も焼香が出来ます。
  

2008年に行われた「明恵上人忌」の様子です。

〜高山寺の行き方〜
JRバス「高山寺前」下車。

きょうの沙都(トップ)