初生け式(六角堂)

1月5日に六角堂で、初生け式が行われます。(京都:1月の行事)
華道家元、池坊さんの新春初生け式が六角堂で行われました。全国の門弟さんが1月5日に集まられるのです。
六角堂前には、車やタクシーが頻繁に来ます。六角堂を参った後に、池坊の家元道場で年度の最初に花を生けるのです。


最初に六角堂を参ってから、池坊の道場に向かわれます。着物姿の女性も多く来られます。
初生け式が始まる前に、振袖姿の女子が花束を持って、六角堂の境内を移動します。これは儀式的なものです。
 

いったん、六角堂から出て、山門から境内に入り、六角堂前で2人づつ参拝する儀式が8:00より行われます。
  

六角堂前で参拝をした後に、池坊家元道場に行きます。
テーブルの上には、鉢が置かれ、順々に入場して道場で花を生けます。

最初は、行列で六角堂にお参りした、振袖姿の女子です。続いて、池坊家元が「初春」と題して3種、生けられました。
その後は、門弟さんなど多数が次から次に続きます。


2008年に行われた「初生け式」の様子です。

〜六角堂の行き方〜
市バス・京都バス「四条烏丸」下車、徒歩3分。/阪急「烏丸駅」下車、徒歩3分。/地下鉄「四条駅」下車、徒歩3分。

きょうの沙都(トップ)