↑なにこれ?じゃまくさい(-_-メ)

 

     活動日:2009/09/26(土)

     天気:晴れ

     潮:不明  満潮:不明

     宿:浩丸(佐島港) 仕立船(6時出船 14時帰港)

     狙い:カツオ

 

 

 

「おい磯野 野球やろうぜぇ〜」といえば・・・・中島くん

「あ〜ら、磯野く〜ん」といえば・・・・花沢さん

 

そう。今回は昭和13年生まれで永遠の5年生“カツオ”を釣り上げてきました。

 

つーか、“カツオ”といわれたら磯野カツオがまずは思い浮かぶよね?

 

 

 

今回は佐島港の浩丸さんにお世話になったんですが、

漁師にしてはめずらしく船長が話しやすい人でとてもよかったです。

(予約時などの電話の対応も良かったです。)

 

 釣り方などをレクチャーしてくれる船長

 

 

今回はKATUの強い要望により“活きイワシ”“散水”“一本釣り”って漁師釣りに初挑戦

 

 

まずはイワシなんですが値段が当日にならないとわからないんですよ。

アサイチに巻き網で取れたイワシは1杯3000円、

イケスで飼育しているイワシは1杯4000円

ってイワシの値段に差があるし、1杯の量も違うみたいなので

とりあえず「値段は気にせずに必要な量を仕入れてください」とお願いしたら

巻き網で取れたイワシを6杯用意してくれました。

⇒浩丸さんではだいたい乗船人数に関係なく5〜6杯いつも用意するらしいです。

 

 

 船内のイケスでイワシを生かしておきます。写真の量で1/3程度

 

 

本当はイワシを買いに行く所を見たかったのですが今回は船長に買ってきてもらいました。

⇒後で聞いたら「3時に集合するならイワシの買い付けに連れて行ってくれる」

 とのことなので次回は3時集合にしたいと思います(笑)

 

 

 一本釣りの仕掛け。針がL字型でカエシはありません。

 

 

港にいるとイワシが弱るらしいので急いで乗船し、

30分くらい走ったところで最初のナブラに遭遇

 

我々が着いたときには別の船が散水をしていて

その周りでカツオが跳ねているのが見えていました。

我々の船も停止しイワシを巻くと周りにカツオが現れ釣り開始です。

 

 

 散水して釣り開始

 

 

今回は先頭2〜3人は一本釣り、その他はフカセかジグでやったんだけど

圧倒的に一本釣りに食いつきます。

(散水のせいなのかパケのせいなのかは不明)

 

4〜5人くらいがカツオをゲットしたんだけど、

このナブラは15分くらいで終わってしまい長い群れ探しの旅が始まりました。

 

早く走ったりゆっくり走ったりを繰り返しながら3時間近くクルージングしてみんな飽き飽き状態(*_*)

 

 群れはまだかなぁ〜の船首組

 

 さりげなくトーローリングしている船尾組

 ⇒トローリングではペンペンシイラが1匹だけ釣れました。

 

 

すると鳥山もナブラもなんもない所で船が止まりました。

ん?船長のトイレ休憩かなぁ〜なんて思っていると船長が

「今、この辺でカツオが跳ねた」と言いながらイワシを巻きだしました(゚-゚)

 

みんな“うっそ〜ん。なんもないじゃん”って感じだったんですが

しばらくイワシを巻き続けているとカツオがバシャバシャいいだしました。

⇒やっぱ船長(プロ)にはわかるんだね。恐るべし。

 

このナブラもやっぱり20分くらいしか続かなかったんだけど

全員カツオを釣り上げたのでとりあえずノルマ達成

⇒総長はテレビで見るように一本釣りでカツオを釣り上げ、ボトボトと降らせていました。

 

その後、クルージングしながらもいくつかの鳥山で試してみましたが

カツオの群れは現れず時間終了となってしまいました。

⇒KATUは鳥山で鳥をキャッチ&噛み付かれ&リリースしていました。

 

結果的には7時間くらい船の上にいて釣りをしている時間は

1時間にも満たない感じですが全部で40匹以上釣り上げ

各自お土産には十分でした。

⇒イワシも一杯あまったのでお土産に出来ました(笑)

⇒余ったカツオは宿で回収してくれるので気にせずに釣ることが可能です。

 

 

 マッハエンジェル初の集合写真(宿のHP用)

 

 「とったどぉ〜」の写真(宿のHP用)

 

 

 これまた「とったどぉ〜」の写真(総長用)

 

 

 

 

 1匹でも食いきれない

 

 

 

船長が言うには「1日中クルージングってこともめずらしくない」

ってことなので釣りができる時間が少ないですが、

群れに当たってからの数分はまさに“お祭り騒ぎ”って感じで楽しかったです。

 

 

 

 

トップページへびゅーん