↑なにこれ?じゃまくさい(-_-メ)

 

     活動日:2009/07/25(土)

     天気:くもり時々雨のち晴れ(強風&高波)

     潮:大潮  満潮:不明

     宿:まごうの丸(茅ヶ崎) 乗合船(6時半出船 13時半帰港)

     狙い:五目

 

 

 

今回はタカ&KATUの2人で茅ヶ崎からライト五目です。

 

最近、天気が不安定でこの日も風が強かったんだけど

「風がなんだ!波なんてかかって来いやぁ!」

って感じで港に着いたら“う。風強いなぁ〜(ーー;)”と嫌な予感

 

とりあえず宿に行き4スミは取られていたので右舷の後方を押さえたんだけど、

結局右舷は4人ってことで真中を広めに使うことが出来ました。

⇒エサ釣り(仕掛けが長い)かつサバが釣れる場合は

 釣り場が広いか狭いかで釣果がかわるような気がします。

 (狭いとオマツリ騒ぎで釣りにならないため)

 

天気も悪く、キリで視界も悪い状態で辺りが全然見えない状態での出船したが

港を出たらすぐに“大揺れ”かつ“水しぶきバッシャーン”(T_T)

 

10分ぐらい走った烏帽子の西側のところで

「先にお土産用のサバやりま〜す」ってアナウンス(-_-メ)

 

 

 写真では烏帽子岩が遠くに見えますが、実際は100mくらい

 

 

ライト五目といえばアジがメインだろうがぁ?

つーかアジは釣らせる気がないの?

 

って思いながらも仕掛けを下ろすとあっさりサバとワカシをゲット。

その後も仕掛けを入れればもれなくサバかワカシか両方が付いてくる

って感じの“サバ・ワカシ地獄”

 

とりあえずタカ、KATUともにお土産をあっさり確保して

“早くアジポイントにいどうしねーかなぁ〜”って感じ

 

いいかげん「サバ飽きたぁ」って釣りを止めてしばらくしてから

やっと烏帽子の東側のアジポイントへ

 

烏帽子の西側から東側に走っただけなんだけど、

波(うねり)が強くてバッシャンバッシャン「う〜辛いよ〜(>_<)」って感じでしたが

このポイントではアジが全然釣れなく、船長から「1時間ぐらい走りま〜す」とアナウンス。

 

移動先は小田原沖でしたが、この移動はかなりキツかったです。

⇒KATUはビール1本で止めていました。

 

んで、こんだけ無理して移動したんだから釣れなきゃ困るぜぇ〜

って仕掛けを下ろすと小さいイサキがすぐに釣れました。

  ⇒タカはコマセ&ウイリーから仕掛けをサビキに変えたんだけど

   これが大正解で、1回下ろせば2〜3匹は確実に釣れる感じでした。

   (6本針にイサキが5匹ってのもあった)

 

内心、こんな小さなイサキはいらねぇ〜と思っていたんだけど

船長が「小さくてもアブラが乗って上手いから持って帰って食いなぁ。刺身で食ったらうめぇど〜」

と言うので小さいやつも片っ端からお持ち帰りにしました。

 

その後はずーっと小さいイサキ、たまーにアジって感じが続き

オイシイ外道もなく納竿となりました。

 

 

帰りは、行きよりも波風がちょっとだけおさまった感じでなんとか無事に帰港できました。

 

 

終わってみればタカが竿頭ってことで宿のHPにも

「今日の竿頭はタカ様」って写真付きで乗ちゃってました(^O^)

 

 

タカの釣果:サバ&ワカシ多数(お土産は各4匹〜5匹)、イサキ20くらい、アジ5〜6

 

 

KATUの釣果:サバ&ワカシ多数(お土産は各2匹)、イサキ10くらい、アジ5〜6

 

 

 

 

イサキのお刺身。船長の言ったとおりアブラが乗っていて美味い

 

 

 

今回は予報で波の高さ1.5Mってなっていて実際にも1.5Mくらいだったと

思いますが、波の高さよりウネリや波の速度が重要だと思われます。

 

さらに、同じ予報でもトキオ湾とサガミ湾では

トキオ湾の方が穏やかな気がします。(たまたまかもしれないけど)

 

 

 

トップページへびゅーん