↑なにこれ?じゃまくさい(-_-メ)

 

     活動日:2009/06/09

     天気:くもり

     潮:大潮  満潮:5時くらい

     宿:志平丸(佐島) 乗合船(6時出船 13時帰港)

     狙い:イサキ五目

 

 

今回も番外編ってことで総長とKATUでイサキ五目を調査してきました。

 

宿は佐島の志平丸ってところですが

平日だと言うのに11人も乗船していて結構人気の船宿みたいでした。

 

 波がなく穏やかな佐島沖

 

 

様々な陰謀や裏切りや策略の結果、総長は右舷の先頭、KATUは右舷の3番目って

なぜか間に知らない人が入っていますが気にせずスタート!

 

 ちゃっかり先頭をキープした総長

 

最初はイサキ狙いってことでポイントについたら船長から「25〜10」ってアナウンス

ん?釣り方のHPなんかを見ていると“イサキはタナが命!”って書いてあったんだけど

実際はかなりアバウトな感じでした。

 

 付けエサはオキアミと白タン

 

 

とりあえず、指示ダナに仕掛けを落としてシャクっているとあっさり総長もKATUもイサキをゲット!

1時間程度で総長10数匹、KATU10匹弱ってくらい釣れてお土産確保

 

 イサキはほとんど15センチ以下

 

 

その後、アジポイントに移動しまーす。ってことでポイント移動したら今度は

「水深83、下から5メートル」とアナウンス。

 

ライトタックルで80メートルは辛いだろ〜(>_<)

つーか、糸は100メートル出ているっつーんだよ!

 

って感じですがここではサバが釣れて第一次お祭りブーム到来。

 サバは50〜60センチ

 

 

サバが釣れればあたり前ですがあっちこっちでお祭り騒ぎが起こったので

ちょっとだけやってまたイサキポイントに移動しました。

 

んでまたイサキ狙いで開始したんですがしばらくすると船長が

「また、アジポイントに移動します」って言い出してアジポイントへ

 

この選択は正解でアジ入れ食い(^o^)

KATUなんかは3本の針にそれぞれアジが付いてくるというくらいでした。

 

 アジは40センチくらい

 

でもアジが釣れるってことは第二次お祭りブーム到来です。

 

仕掛けを入れれば入れ食い状態なのですが、仕掛けを入れるとお祭りになる

という展開で客がもっと少なければかなり楽しかったと思います。

 

でも、水深80メートルで35号ビシとアジ数匹を上げるのはすっげー疲れるから

ところどころお祭りによる休憩が入って良かったのかもしれません。

 

総長はアジのついでにアマヅラハギなんかもつれて大満足(^o^)

 

 

これは総長とKATUの間にいた人が釣ったんだけど、KATUがちゃっかりもらっていました。

 

 

その後もアジや外道が釣れ続けていたんだけど

総長が左舷後方の人とお祭りするという離れ技を炸裂させ、

さらに、このお祭りが乗っている人の半数を巻き込むという惨事に発展して

釣りどころではなくなってしまい、強制的にアジポイントは終了

 

最後はまたイサキをちょこっと釣って納竿

 

<結果>

      イサキ アジ カワハギ ウマヅラ イワシ サバ メバル その他

総長    17  19  2      1     14   3   1    数匹

KATU   10  10  0     (1)     6    2   3    数匹

 

 

釣り座の差(お祭りしやすい場所/お祭りしずらい場所)で釣果に差がでましたが

でそれぞれ7目くらいは釣れたしクーラー満杯で大満足でした。

 

  

 

トップページへびゅーん