↑なにこれ?じゃまくさい(-_-メ)

 

     活動日:2008/11/26

     天気:快晴

     潮:大潮  満潮:不明

     宿:萬司郎丸(江ノ島) 乗合船(7時出船 14時半帰港)

     狙い:カワハギ

 

 

♪肝だけに ただ 肝だけに 

 ああ めぐり合うために

 僕は さびしさとともに生まれたよ〜

 

 

  (作詞作曲 KATU)

  

 

 

つーことで久々の釣行記です。

 

実は10月に総長とKATUが手漕ぎボートでカワハギを釣りにいったんだけど

散々な結果だったために総長が「カワハギ食いたいよぉ〜」「今度は船で行きたいよ〜」

「平日休んで行っちゃおうぜぇ〜」と騒ぎはじめたため、平日に休んでカワハギ釣りに行ってきました。

 

メンバーは総長、KATU、ヨシキ、タカの4名で宿は江ノ島の萬司郎丸。

ここは釣割をつかうと1日船で6000円という安さ(でもエサは別料金)なので混んでるかもぉ〜と思っていたんですが、

さすが平日やっぱ平日って感じで空いていました。

 

釣座は右舷の先頭から総長、タカ、ヨシキ、KATUの順番になったんだけど

右舷はトモにあと1人いるだけでほぼ貸切状態(^O^)

 

 先頭から総長、タカ、ヨシキ

 

 

 

 

釣り場は江ノ島から2〜3キロってところで宿から10分ぐらい

開始時は波も風もなかったんだけどだんだん風と波が出るようになりやっぱ船の上は寒い(波はそれでも20cmくらい)

 

 天気は快晴!

 

開始からしばらくしてKATUが良型のカワハギをゲット!

その後、ヨシキがこれまた良型をゲット!

   

そして総長もカワハギをゲット?

 

って超小さいカワハギをゲットしていました。

もちろんリリースしましたがある意味“幼児虐待”って感じです。

(写真がないのが残念ですが人間に例えると“3歳児をナンパしたんだけどやっぱり家に帰した”って感じです。)

 

その後もKATUとヨシキは良型を釣るんだけど

総長とタカはやや小さいやつしか釣れませんでした。

 ⇒そのかわり?総長は外道がごちゃごちゃ釣れていました。

 

 

 萬司朗丸のHPに乗っている写真を拝借

 KATUは良型を数匹釣ったので余裕でビールを飲んでいました。

 

 

 

数的にもKATUとヨシキがのばしていき結果的には

 

総長:カワハギ5匹(幼児虐待含む)+外道ワンサカ

KATU:カワハギ7匹+外道少々

ヨシキ:カワハギ10匹+外道少々

タカ:カワハギ5匹+外道少々

 

って感じです。

外道少々と書いてありますが10匹くらいは釣ったと思います。

 

食べれる外道として総長はサバフグ、KATUはハコフグを持って帰ったんですが、

KATUは食べてもなんともなかったらしいです。

(総長はまだ食べていないみたい)

 

 

 

 

 カワハギといえばアサリちゃん。アサリちゃんといえばタタミのイビリ

 

カワハギといえばアサリなんだけど、今回

 総長、タカ:宿で購入した冷凍

 ヨシキ:マルキューの冷凍+宿の冷凍

 KATU:スーパーで購入した生の剥き身

を使用していたんだけど釣果を見ると宿の冷凍が悪かったんじゃないかと思われます。

 

ちなみにトップをとったヨシキは主に水中タタキ方式で釣ったとのことです。

 ・仕掛けを底に入れる

 ・底から1mくらい上げたところでタタキを入れる

 ・底からちょっとだけ上に仕掛けを落としアタリを待つ

って感じです。

 

 

 KATUの釣果

 

 

 

 

 ハコフグのお腹をくりぬいて味噌とネギを混ぜたものを詰めて焼いた料理

 

 

  

 

ま、今回は全員カワハギをお土産に出来たので全体的には良かったのですが、

総長的には貧果だったのでまた「カワハギ釣りたいよ〜」って騒ぐかもしれないです。

 

 

 

 

トップページへびゅーん