↑なにこれ?じゃまくさい(-_-メ)

 

     活動日:2008/7/19

     天気:快晴

     潮:大潮  満潮:不明

     宿:大田屋(金沢八景) 乗合午前船(7時出船 12時帰港)

     狙い:タチウオ

 

 

♪すれ違いや回り道を あと何回すぎたら僕らは釣れだすの〜

 お ね が い 太刀 太刀 ここに太刀 あなたから〜

 口伸ばして 受け取ってよ ため息の数だけ束ねた疑似餌〜

 

  (作詞作曲 KATU)

 

 

 

初夏の風物詩なのか良くわからないけど総長、KATU、ケンジの3人で

毎度おなじみの大田屋からタチウオの午前船に行ってきました。

 

宿があくのが6時で出船は7時だったんだけど、

総長がバイクで5時半に到着し、右舷ミヨシをばっちりキープ

じゃんけんの結果、ミヨシからケンジ、総長、KATUの順番で出船です。

 

 さっそく準備するケンジ&総長

 

 

 大田屋といえばパラダイス

 

 

金谷沖を目指して出発し、なんとなくいつもよりスピードが遅い感じがしましたが

約50分で釣りポイントに到着

 

周りには20隻くらいタチウオ狙いの船がいるんだけど、

みんなウロチョロしてどうも群れを探している様子(-_-;)

 

我らの船も数回ウロチョロしながらジグを落としてみるけど

案の定ウンともスンとも言わない感じ(>_<)

 

“ダメそうな予感”がバッチリ漂っていましたが、次第に群れが固まってきたのか

周りの船もウロチョロせずに1箇所で釣りを開始しました。

 

しばらくするとKATU、総長、KATU、総長、総長・・・

って感じでポツリポツリ釣れ始めました。

 ⇒ 総長はこの日1番の大物を海面まで持ってきたんだけど

   KATUが「網ですくうよ」と言ったのを格好つけて断ったため

   痛恨のラインブレイクで逃がしてしまいました。

 

 

最初KATUが軽く噛まれて出血騒ぎを起したんですが、

その後、総長もガブッっと噛まれて出血騒ぎです。

 

本当はいくら歯がスルドイと言っても所詮さかなだべぇ〜と思っていたのですが

軽く噛まれた(歯に触れた)だけでスッパリ切られてしまい“ナメちゃいけんな”と思い直しました。

みんなも要注意です。

 

そのころミヨシを取ったケンジはどうしていたか?っつーとマルット坊主(T_T)

ケンジはジギング初めてだったので「よくわからな〜い」といいながら頑張っていましたが

なかなかヒットさせることが出来ませんでした。

 

 

その後、

総長:連続ヒットなんかも絡めて    タチウオ10匹、サバ7〜8匹

KATU:ポツリポツリと          タチウオ5匹、サバ1匹

ケンジ:なんとか坊主だけは免れて  タチオウ1匹、サバ2匹

って釣果でした。

 

今回は主に

  総長:ムラサキ

  KATU:赤いふちにキラキラシール

  ケンジ:ピンク

って感じのジグを使用していたのですが、結果を見るとムラサキが良かったみたいです。

(腕の差もあるけどね)

 

 

釣れたタチウオをどれも小振りでだいたい指3本ってぐらいで

指4本ってのはほとんどありませんでした。

(総長が逃がしたのは確実に4本あったと思います。)

 

 

 

【反省】

釣りに夢中になってしまい、出発後の写真が1枚もありません。

次回以降はちゃんと“釣れている”写真をとるつもりです。

 

  

 

 

 

トップページへびゅーん