~~~ たかがむし歯 されどむし歯だよ   たかがムシ歯 されどムシ歯だよ ~~~


054-0109a22-12
tokyo_diagnosis-2healthy_pic02_1plup_053-0252
tooth_vr23_1C1-C3_0011c1-4ooth_tvr23_3



c1-4_plan60_z1C1_mc2



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

さあ 下の歯のムシ歯を 今削るか   それとも 削らないかムシ歯であることは 確かなのですが・・・・・・・・・・・・・??????????



CO_01CO_img-01


http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2008q4/20081105p.html
http://www.nhk.or.jp/gatten/

「歯科と判定!これ削りますか?」 ためしてガッテン  NHK総合テレビ 毎週水曜日 2008_11_05
最後の疑問は、「むし歯、削るべきか削らざるべきか?」。2008年の8月の放送で、むし歯をすぐには削らないという歯医者さんをご紹介したところ、たくさんの反響をいただきました.
そこでまずは、ある患者さんのむし歯の写真を、無作為に選んだ
10人の歯医者さんに見てもらい、治療方針を伺いました。
すると、5人の歯医者さんは  「削る」    
他の 
5人は 「すぐには削らない」と言いました。   ええ!!!!!!!
同じむし歯の治療でも、歯医者さんの意見は真っ二つにわかれてしまったのです。実はこの写真のむし歯は、5年前にある歯医者さんが削らないと治療方針を決めたむし歯でした。現在の状態と比較すると、むし歯はほとんど進行していません。一見、「削らない」という方針が正解のように思えますが、ほんとうにそうでしょうか?
C0_20081105a

専門家(歯科大学の歯学部長)の話
写真のむし歯について、以前ならこのくらいのむし歯は削るのが常識でした。
しかし今は、こうしたむし歯をすぐに削るのは間違いだと、学生たちに教えています。
「削る・削らない」の判断は、患者さんの
性格によるとも言えます。
わたしは今、患者さんの
性格を診断するように実践しています。まず、歯がしっかりと磨けているかどうか、他の歯をみることで歯の状態を把握するのです。そして、患者さんの生活習慣を尋ねます。間食が多いか、飲食は何を好むのか、喫煙している、などです。さらに、治療のためにしっかりと通院してくれることが大切です。そうでないと、しっかりとむし歯の観察ができないからです。「性格による」というのは、こうした患者さんの生活習慣や通院などまで診断した上で、削るか削らないかを判断するという意味です。


    だ液の量の実験」
    さらに、削る・削らないを決めるには、「だ液の量と質」について調べることも大事だと言います。ある研究者が体を張って、実験を見せてくれました。口の中の酸性度を測定するセンサーを取り付けて、歯の表面のpHを測定します。何も口にしていない状態では、およそ6でほぼ中性でした。次にジュースを口の中に入れてもらうと、口の中は中性から酸性に変化しました。でも、口をくちゅくちゅしてだ液を行き渡らせると、およそ120秒で元の中性にまで回復しました。これがだ液のパワーです。ここからが実験の本番です。あることをしてから、再び同じように実験をすると、今度は中性に戻るのがずいぶんと遅くなってしまいました。お口をくちゅくちゅしてだ液を出したのに、どうしてなのでしょうか?実は2回目の実験の前は、先生は薬でだ液の量を抑えていました。体がこうした状態になっている人はたくさんいます。血圧を下げる薬や心臓の薬、うつ病などの薬を服用していると、だ液の量が少なくなってしまうことがあります。高齢者などでこうした薬を服用している人は、むし歯が進行しやすいので注意が必要です。また、だ液が口の中を中和する能力には個人差があります。だ液の成分自体が変化するためです。ホルモンバランスが崩れたときに、成分が変化することが知られています。過度のダイエットや寝不足などの不規則な生活習慣、女性では生理や更年期、妊娠でも、ホルモンバランスの影響を受けます。このような方は注意が必要です。

    ムシ歯は,色だけでなく,内部の堅さ,柔らかさ,進行度合いに関係しています.硬くて,カチンカチンの硬度の時は,進行しにくいです.


    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    「むし歯のおさらい」


    ある人の前歯のひときわ白くなっている部分……実はこの部分は「隠れむし歯」です。ライトをあてて光らせてみると、この部分は黒ずんでいました。中をCTスキャンで調べると、小さな穴が空いてスカスカでした。この隠れむし歯が大きくなると、ホントのむし歯になるのです。

    そこで実験してみました。人工的に作った隠れむし歯がある歯を、黙々と作業する人たちに14時間以上、なめてもらいました。2週間後に、なめる前と比べてみると、スカスカになっていた歯がかなり回復しました。

    だ液にはカルシウムが含まれていて、隠れむし歯を治すことができるのです。穴が大きく空いてしまったむし歯は、だ液では治せません。しかし、隠れむし歯(初期むし歯)の段階であれば、だ液が毎日治してくれているのです。

    食事をすると、むし歯菌が食べかすを分解して酸を出すので、食後30分程度は歯が溶けやすくなります。しかし30分程たつと、酸も弱まってだ液が歯を治す時間が始まるのです。このように、お口の中では「溶かすと治すのつなひき」がいつも行われています。

    たっぷり食事するのも、お菓子1個食べるのも、歯に与える影響はほとんど同じです。間食の回数が多かったりすると、歯を治す時間が減っていってしまうので、どうせ間食するならダラダラ食べずにまとめて食べることをおススメします。

    そして一番気をつける必要があるのが、歯をみがいた後の「寝る前」です。寝ている間は、だ液の量が減ってしまいます。このため、夜、歯みがきをしたあとにビールやジュースなどを飲むと、歯が溶けてしまってむし歯になりやすいのです。
    「まさかこれが歯を溶かす原因?」

    50代の女性から次のようなお手紙をいただきました。「寝る前は、お茶やミルクもダメなのでしょうか? 糖分が含まれていなければ大丈夫だと思っていたのですが……」。

    A
    さんのむし歯のケースを紹介します。Aさんの奥歯には、穴がいくつも空いていました。むし歯ができた経緯を聞いてみました。「去年の春に、血圧のために、奥さんが飲んでいたある健康飲料を毎日飲み始めました。1年あまり飲んで体調も気分も上々と思っていましたが、歯ぐきの調子が悪くて歯医者に行ったら、むし歯が見つかりました。なんと先生は、その原因は毎日飲んでいた健康飲料らしいというのです」。

    その先生は、そのむし歯を「酸蝕歯(さんしょくし)」だと言いました。むし歯や歯周病の原因は細菌ですが、酸蝕歯に関しては、細菌が関与しないという特徴があります。

    酸蝕歯は、「酸蝕症(さんしょくしょう)」とも言います。

    A
    さんが飲んでいた健康飲料の原材料に含まれていた、はちみつの糖分、りんご果汁、レモン果汁も原因のひとつであると先生は言います。さらに、Aさんが体にいいと思って飲んでいた酢にも原因があるというのです。

    そこで実験です。酢をウシの歯の表面に垂らして観察しました。すると1時間後には、歯の表面のエナメル質が溶けて内部の組織が見えていました。表面がうっすら溶けていったのです。
    「市販の飲み物のpHは?」

    市販されている110種類の飲み物の酸性度(pH)を調べたところ、栄養ドリンクは2.5、スポーツドリンクは3.8、ビールは4.6、ワインは3.3。なんと、今回調べた飲み物のほとんどが酸性だったのです。

    すべての市販飲料を調べたわけではありませんので、酸性でない健康飲料もあると思われます。

    「むし歯にならないためには、市販飲料は飲まないほうがいい」ということではありません。
    今回の番組でお伝えしたのは、
    「夜歯みがきしたあとには、酸性の飲み物や糖分を含む飲み物は飲まないほうがいい」ということです。昼間、ときどき飲むぶんには、まったく心配いりません。
    私たちのだ液が酸を中和して元に戻してくれます。


    ただし、昼間飲んでいる場合でも、ダラダラと飲み続ける場合は、「酸が歯を溶かす時間」が「歯を治す時間」を上回って、むし歯になりやすいので注意が必要です。また、健康のため毎日習慣的に飲む人の場合は、できるだけ食事と一緒に飲むようにすると、だ液がたくさん出るので安心です。そのような場合は、飲んだあとは、歯みがき! できない場合は、せめてうがいをしてください。うがいをすると、酸蝕歯に関してはある程度予防できると考えられています。



    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

    むし歯COは,進行が止まってる ? 


    むし歯
    COになっていますが,黒いですが,むし歯の進行が止まっている事があります.5年経過しても,進行しにくいタイプがあります.(O = observation 観察中 )黒くなっていますが,硬く,だ液(つば)のカルシウムがなんとか進行を止めるようにカルシウムを歯にくっつけています(石灰化).食生活を気を付けないと,むし歯が進行することもあります.

    あなたは, 削って 歯に詰め物をしますか??? そりとも 定期検診しますか???



     COの場合,定期的(最低6ヶ月)に,歯科医院で検診してください.進行を遅らせるためには,フッ素塗布やフッ素入りシーラント も 効果があります.
    歯科医師により,考え方が異なります.半数の歯科医師は,削ル場合があります.
     
    だ液にはカルシウムが含まれていて、
    隠れむし歯(初期むし歯CO)を治すことができるのです。進行を止めるのです.
    隠れむし歯(初期むし歯CO)の段階であれば、だ液が毎日治してくれているのです
    穴が大きく空いてしまった 大きなむし歯 C2,C3,C4は、 だ液では治せません。

    食事をすると、むし歯菌が 食べかすを分解して
    酸を出すので、
    食後30分程度は 歯が溶けやすくなります。
    食後30分程たつと、酸も弱まってだ液が歯を治す時間が始まるのです。
    お口の中では「歯を溶かすと治すのつなひき」が いつも行われています。
    たっぷり食事するのも、 お菓子1個食べるのも、
    歯に与える影響はほとんど同じです。

    間食の回数が多かったりすると歯を治す時間が減っていってしまうのです.
    どうせ間食するならダラダラ食べずに まとめて食べることをおススメします。

    そして一番気をつける必要があるのが、
    歯をみがいた後の「寝る前」です。寝ている間は、だ液の量が減ってしまいます。このため、夜、歯みがきをしたあとにジュースや牛乳,ビール,炭酸水,などを飲むと、歯が溶けてしまってむし歯になりやすいのです.お茶や麦茶,お水なら大丈夫です

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    川村歯科・かみ合わせ矯正歯科医院
     インプラント外来
     電話 FAX 
    022-259-3022
    〒983-0023
    宮城県仙台市宮城野区福田町1-2-3
    kamiawase@gmail.com
      
    仙台顎咬合インプラント研究所 
    ●川村歯科・かみ合わせ矯正歯科医院
     
    http://milky.geocities.jp/kamiawaseha

    ●ビデオ http://jp.youtube.com/keepsmile31
    ●ブログ http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains/

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ●日本顎関節症リハビリ研究室 in 仙台
    日本顎関節症リハビリ研究室 
      
    http://heartland.geocities.jp/neckpain_teeth/
     ダイジェスト http://www32.ocn.ne.jp/~tmdimpant
    B_07_1