水草,沈水植物,macrophyte

           陸圏:水草研究のホームページ

 

→ HOME

→ 埋土種子播き出し実験

→ マレーシアの湖沼調査

 

→ 自然環境特別実習

                   


→ 環境共生システム研究センタ-

→ 琵琶湖と環境:水草(中日新聞連載記事)

→ みるくのボロ家

→ ナガエツルノゲイトウ除去作業

→ 水路での植栽実験

  

→ モンゴルの湖沼             

→ 海外からのお客様

→ 低湿地での景観生態学的研究:日本景観生態学会ブログ-

(2010年10月)


→ 公式HPの写真/陸圏生態と生物相互の研究室のメンハ゛-

→ 2007年の愛知川

  

→ 以前の予定

 

 

 

 


 

滋賀県立大学環境科学部環境生態学科の陸圏生態系研究グループの水草関連の研究紹介,行事などの案内を掲示します(ただし非公式です)お問い合わせは教官の浜端( hamabata@ses.usp.ac.jp )まで

Counter

(2009/12/10カウンターを付けました.これまでは4760回覗いてもらっていました)

行事などの掲示板(ほぼ学生さん向けですが)

連絡事項が有る方は浜端までメールをください.毎朝8:00更新です.

 

 

2014/4/13(日)

珍しいお客さんがお見えになりました.

Siさん(旧名)とご子息のケンタ君,それにKiさんとKdです.

ケンタ君は5ヶ月で,なかなかの器量よしです.

 

2014/3/28(金)

卒論の製本が終わりました.Ym君また時間のあるときに取りに来てください.

 

2014/3/23(日)

夕方,卒業生のKdさんとKiさんが訪ねてきてくれました.

お二人ともお元気そうで何よりです.

 

2014/3/23(日)

瀧樹神社でユキワリイチゲを見てきました.

花を見るには丁度いい時期でしたが,満開に成るのは午後だそうです.

早く行きすぎてしまった.

 

2014/3/21(金)

夜のパーティでニコンのズームをもらってしまった.

 

大変なものをもらってしまったと思いきや(左),

そっくりなタンブラーで(右),大いにだまされてしまった!!

 

2014/3/21(金)

卒業式が行われました.

あいにくの天気でしたが,太陽の出てきた間隙を縫って1Fあたりにいた方々に集まってもらい写真を撮りました.不在だった方々ごめんなさい.

 

同日,卒業生のTkさんが来てくれました.

元気そうで何よりでした.先生頑張ってください.

また,出かける直前にHrさんも訪ねてくれましたが,写真も撮れずごめんなさい.

 

2014/2/3(月)23:50

Iw先生が他界されました.ご冥福をお祈り申しあげます.

          2013/03/19,院生部屋にて

 

2014/1/1(水)

モンゴルUVS県UVS湖西部の県都ウランゴンの西にある

UlaangomUul(山)の夜明け(2013/08/21撮影)

明けましておめでとうございます.

本年もよろしくお願いします.

卒論生の皆様,後しばらくお気張りやす!

 

2013/12/29(日)

例年よりも一日遅いのですが,お茶会を開催します.午後2時ごろからB0会議室で開催です.

まだ最終決定ではありませんがこの日を空けておいてください.中止の場合はまたアップします.なお,参加いただけそうな方,メールでご一報をお願いします.

 

2013/12/06(金)

卒業生のKd君が大量のジャガイモを持って,来校してくれました.

B3棟側の駐車場に車を停め,通りかかる学生,教職員に配ってくれていました.ごちそうさまでした.

 

2013/11/23(土)

MR君の調査で南湖での採水に行ってきました.

jpg

魚探をのぞき込むMR君(奥右),前後中央HG君,手前TK君

jpg    jpg 

まだ水面まで伸びているササバモ               魚探センサーを支えるHG君

(Potamogeton malainanus)

2013/9/16(月)

台風18号が通過し滋賀県は大雨となりました.

今年の8月,オープンキャンパスの際に確認したクロモ(Hydrilla verticillata)の塊茎タイフ゜の群落は,これでまた壊滅したようです.

 

2013/8/8(木)〜9/3(火)

モンコ゛ルでの水草調査に出かけてきました.

 

満開のハ゛イカモの仲間

ウランハ゛ートル(UB)→フフ゛スク゛ルヌール(湖)→西岸部→東岸部→ムルン→オイコ゛ンヌール→フ゛イルヌール→ウフ゛スヌール東岸→南岸→西岸の都市ウランコ゛ムにたどり着き.その後一旦ウランハ゛ートルに戻り,今度は中央部のオキ゛ヌールやチリンヌールを巡ってきました.今回は比較的体調も良く過ごしてきましたが,帰国前日についに下痢になりました.まあ1日欠食すると回復し,無事に帰国できた次第です.研究室の皆様方等には大変ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした.ご容赦下さい.

詳しくは左の「モンゴルの湖沼で」をご覧ください.

 

2013/7/28(日)

犬上川へは8名の学生さん,それに父兄の方も参加して下さいました.

 

 

2013/7/27・28(土・日)

オープンキャンパスを開催しています.

例年の犬上川見学会は1:30−3:00です.

25日に下見をしましたら,本流に大量のクロモ群落が戻っていました.殖芽型?気になるところです.

 

2013/7/23(火)

立命館の帰りに南湖東岸を走っていましたら,オオバナミズキンバイの開花を見ました.

Coreopsis_lanceolata 2013/7/23

 

2013/7/21(日)

北湖の尾上でのMR君の実験準備がやっとこ終わりました.

 

 MR君おつかれさん.また色々お手伝いをしていただいた学生さん達,場を提供してくださった尾上のMTさん,大変お世話になりました.まだしばらくご厄介をおかけしますが,ご容赦下さい.

 

2013/7/17(水)

北湖の尾上でのMR君の実験準備に出かけます.参加可能な方は9時までに研究室に集合下さい.

 

2013/7/15(月)

祭日で卒業生のTKさんがサッカー試合にやって来られました.元気そうで何より.

 

同期卒業のOT君も少し前に来られましたが,写真を撮るのを忘れていました.ごめんなさい.

 

2013/6/25(火)〜7/2(火)

マレーシアからムシュリハ先生とアメリアさんが来日されました.

途中生物多様性センターを訪問,盛岡で開催された日本景観生態学会のエクスカーションにも参加されました.

お世話になった生物多様性センターのTKさん,日本家屋に招待頂いた沼宮内のINさん,滋賀県水産試験場のKWさん,アメリアさんに魚探の使い方を指南してくれたMR君,出迎えに同行してくれたKKさん,小田原から生物多様性センターまでの移動を助けてくれた友人のNNさん,皆様大変おせわになりました.3日に無事帰国されたようです.

 

2013/6/27 米原から東へ

 

2013/6/27 環境省生物多様性センターにてTHさんと

 

2013/6/27 河口湖から富士山

 

2013/6/29 盛岡沼宮内のIN氏の座敷童

 

2013/6/30 左からINご夫妻,アメリアさん,ムシュリハ先生,IN氏の兄上のご妻女

 

2013/6/30 田老観光ホテル跡 二階までは壁もなく,三階の窓は飛ばされてる.

 

2013/6/30 田老の堤防の破壊状況

 

2013/7/1 滋賀県水産試験場にてKWさんと

 

 2013/7/2 早崎地先にて,MR君と

 

2013/6/19(水)

湖西高島市付近の水田の調査に出かけます.参加を希望される方は,

8:30には研究室に来ておいて下さい.ボクシーの予約が取れています.

 

2013/6/7(金)

この日の調査は南湖での水草の調査となりました.参加を希望される方は浜端まで連絡下さい.

水田雑草の調査にでます.参加を希望される方は浜端まで連絡下さい.

 

2013/6/5(水)

南湖で船に乗っての水草の調査を行います.参加を希望される方は浜端まで連絡下さい.

 

2013/4/28(日)

28日に中池見湿地に出かけます.参加希望の方は浜端までメールを下さい.9時県大発です.

ボクシーがとれましたので余裕は有ります.

 

2013/4/26(金)

本日予定していた北行きを,雨天のため26日に変更しました.参加希望の方は浜端までメールを下さい.9時県大発です.

 

2013/4/13 (土)

うれしいはがきがとどきました.

卒業生のSz君からです.結婚されたそうです.

 

2013/4/12 (金)

卒論・修論の製本が出来上がっています

卒業生の方々,取りに来て下さい.

 

2013/3/20 (水)

無事卒業式,修了式が終わりました.

前列左からIw, Tk, Tn, Ym, Kn

二列目左からKk, Ks, Kw, Ys, Ni,

三列目左からHm, Sn, Kg, Ns, Nmの面々.

卒業生で撮影時不在だったIk, Hg, Ot君たち,ごめんなさい.

 

2013/3/19(火)

生物相互と陸圏の相互ゼミの追いコンが行われました.

何とか卒論,修論も終わり12名が無事?卒業となりました.

また51Cafeさんにはお世話になり,大変おいしい料理での楽しいひとときとなりました.

 

2013/2/4(月)

吉良先生の著作集最終巻第5巻が出来上がりました

第1章の「植物生長の生態学」では吉良研で行われて来た密度実験の成果などがまとめられており,大変勉強になりますので,是非お読み下さい.なお,いくつかのグラフに手書きの文字がかかれていますが,吉良さんの手によるものです.

書店には2月5日ごろから並ぶはずとのことです.(新樹社,税別@3,200円)

 

2013/2/3(日)

kkさんが無事出産されました.3,800kgとのことです.おめでとうございます.

 

2013/1/1(火)

新年おめでとうございます.今年も良い年でありますように!

今年は少し華やかな写真にしてみました.昨年,中国黒竜江省の双鴨山市で湿地フォーラムが開催されました.その際の湿地見学会でのスナップです(2012/9/15).周りは広大なヨシ帯が広がっていました.その中を電気自動車のミニバスで湿地巡りをし,さらにバスを下りて木道で湿地を見てまわることができました.

 

2012/12/29(土)

お茶会を開催しました.

いろいろ珍しい方々にも参加いただき,盛会となりました.遠方からも来ていただき厚くお礼申し上げます.写真撮影前に姿を消された隠れ陸圏のHSさん,撮影が遅くなってしまい申し訳ありません.当日欠席されたNI君,熱は下がりましたか?では,みなさまよいお年をお迎えください.

 

2012/12/29(土)

お茶会の開催

いつもの B0 2F で 13時から〜16時ごろまで

例年同様,お茶会を開催しますので,写真ファイルやお菓子を持ってお集まりください.目下のところ,

ニュージランドの諸々,南西諸島の水草,モンコ゛ルの水草などなどの演目が予定されています.

参加者数を把握したいので浜端( hamabata@ses.usp.ac.jp )まで連絡をおねがいします.

 

2012/09/12〜18

ハルビン北東600kmの位置にある双鴨山市で開催された北東アジア湿地生物多様性保全フォーラムに出かけていました.

少々テーマパーク的ではありましたが,中国の湿地保全にかける意気込みは十分に伝わって来ました.中国や韓国に比べると日本がいかに遅れているか実感させられました.

 

2012/08/14〜09/03

モンゴル東部の水草調査にでかけていました。

今年はモンゴル東部の中国国境沿いにあるBuyr湖を主な調査地として,さらに北のロシア国境付近まで回ってきましたが,降水量が多かったようで,河川などでは十分の調査が出来ませんでした.一緒に行ってくれた4回生のNi君,3回生のMr君,2000Kmにも達する車での移動,大変ご苦労様でした.

 

2012/07/28〜29

オーフ゜ンキャンハ゜スが開催されていました.

水草ク゛ルーフ゜では代わり映えがしませんがハ゜ネル展示等を行いました.

 

ただ,今回はTn君ががんばってくれて,こんなお土産を配ることができました.

 

胴長を履いてもらい,犬上川河口や琵琶湖で水草などの見学会を行いました

 

初日にはOGのHmさん,Nsさんが犬上川散歩までつきあってくれました.

 

2012/07/18

県外でツツイトモを見てきました.

 

2012/07/16

またまた珍しい人(Kd君)が訪ねてこられました

 

2012/07/13

実験室でのサンフ゜ル処理風景.

Tkさん(左)とKw君(右)のサンフ゜ル処理風景.

 

2012/06/17

湖風祭で珍しい方達が来てくれました.

左からIwさん,Hsさん,Hrさんの面々.いずれもお元気そうでなによりでした.

なお,昨日新幹線で来てくれたというTn君,午後からは出かけていて会えなくてごめんなさい.

また久しぶりに昨日はKt君が,今日はNn君がきてくれホットしています.

 

2012/06/12

4年生のTkさんの教育実習を見学してきました.

なかなか先生姿が堂に入っていました.

 

2012/05/21

吉良先生の著作集の第4巻が出ました.

吉良先生の第4巻(左)が新樹社から出ました.植物分布に興味のある方はぜひとも手に入れて座右の書にして下さい.また京大の山田勇先生の図鑑(右)も同じ出版社から出ました.山田先生の方は9500円と少々高価ですが,全ページカラー写真であることを考えるとお安いといえる本です.世界の森林のイメージを得る事ができます.

また著者割が効くそうで,2割引となります.希望者は浜端まで連絡下さい(6月中).

 

2012/04/04

カナタ゛・シャーフ゛ルック大学のColette Ansseau夫妻と信楽に行ってきました.

登り窯の前でのお二人(中央と左端)、右は信楽を案内して下さったImさん.

 

2012/03/30環境生態卒業生の皆様,書き置き受け取りました.

 

2012/03/27修士論文,卒業論文の製本ができました.

 

2012/03/20

無事?卒業式がおこなわれました.

今年は生態学会と重なり,院生等のいない少々寂しい写真となりました.

陸圏と相互の卒業生の面々です.

 

2012/2/11の修論発表会

2/20の卒論発表会

みなさまご苦労さまでした.

その後,2月23日から,私はしばらく京都生活に入りました.御所を見ながらの毎日です.

 

 

2011年12月29(木)

お茶会を開催しました

写真は開催当初にとったので,後半に参加された方々ごめんなさい.

一年ご苦労様でした.みなさま良い年をお迎え下さい.

 

ご注意ください!研究会の時間を2時間早めました.

12時スタートです.

 

2011年12月29(木)午後12時から

今年最後の研究会を開催します.

昨年同様,今年も同日に写真を持ち寄っての研究会を開催します.こぞってご参加下さい.

事前に参加人数を把握したいので,

浜端まで( hamabata@ses.usp.ac.jp )までご連絡をお願いします.

 

2011年11月20(日)

吉良竜夫さんを偲ぶ会が開催されました.

津のフ゜リンスホテルで300人の参加を得て,吉良先生の偲ぶ会が開催され(上左)ました.野草が好きだった吉良先生らしく遺影はツハ゛キなどを中心とした山野草で飾り付けられました.

その際に先生の著作集の第3巻目(上右)が出来上がったことも紹介されました.

 

2011年11月11(金)〜13(日)日

県大の湖風祭が開催されたました.

今年は学科の展示がなく,少々物足りない気もしましたが,モンゴルでヨシ掘りを行ったTn君が民族衣装のデールを着て盛り上げてくれました.

デールを着たTn君とチャイナドレス姿のAkさん

 

2011年11月3日(木)

FW靴膿總陲亮鏤匣亮茲里燭瓩妨佶未料畉蠅帽圓辰討ました.

太ったマコモを割るとマコモ黒穂菌が詰まっていました.

 

 

 zeze Y屋さんのハロウィンケーキ

2011年10月27日(木)

守山でのヨシ群落の掘り取り2回目を行いました.

前回堀残した20-60cmの掘り取りを行いました.泥まみれになって参加された皆様ご苦労様でした.

土のうを積んで,水をかき出す.

その後20-40cmの掘り取り.

40−60cmの掘り取りで地下茎がほとんどなくなる.

持ち込んだ土のうの土で埋め戻して終了.

 

2011年10月10日〜14日

中国上海そばの無錫で開催されたアシ゛ア湿地シンホ゜シ゛ウムに行ってきました.

研究室からは郭(D2)さんと大浅(M2)さんの2人が参加しました.

上海空港で待っていてくれた現地の学生さん達との記念写真

 

2011年10月5日(水)

守山市でヨシ群落の現存量推定の掘り取りを行いました.

今回は地下20cmまでの掘り取りとなりました.

 

2011年9月9日〜12日

自然環境特別実習で島根・鳥取県の宍道湖・中海を回ってきました.

米子水鳥公園にて:本来の授業参加者よりも,はるかに多いメンバーになってしまいました.Ks君,不在時の写真でごめんなさい.

 

2011年8月2日〜23日

モンコ゛ルに出かけてきました.

調査の一つとして,高さが1mに満たないヨシ群落の地下茎の現存量を測定しました.

 

2011年7月20日(土)

ご大津のご自宅から大阪の龍尾寺へ

伏見碩二先生撮影

2011年7月19日(金)午前9時55分

吉良竜夫先生が亡くなられました.

主を亡くしたご自宅のテ゛スク

 

2011年7月8日(金)

吉良先生の第2冊目「消えゆく熱帯林」が出来上がり,病院におとどけに行ってきました

 

2011年6月10日(金)

西の湖へ森林生物学・実験に出かけました.8種類の貴重種を確認することができました.

 

2011年6月7日(火)

彦根市楡町のビオトープを見学させてもらいました.

 

2011年5月21日(土)

大学のキャナルでバイカモの植栽実験を始めました.

まず,バイカモ(Ranunculus nipponicum

 submersus)の植栽方法の検討実験です.

 

2011年5月18日(水)

オムロンのビオトープで埋土種子の発芽実験を始めました.

 

2011年5月10日(火)

南湖へセンニンモ(Potamogeton maackianus)を取りに出かけました.

元気な二人はウェットスーツで水中に

 日和った二人は湖岸で・・・・

 

2011年5月7日(土)

また高時川へでかけしました.

少し季節が進みイチリンソウ(Anemone nikoensis)が満開でした.

 

2011年4月24日(日)

高時川でユキツバキを見てきました.

まだ残雪が多く,鷲見でUターンしてきました.

618田戸で車を降り,617の鷲見まで歩きました.多くのツハ゛キは有りましたが,咲いているのを見られたのは赤かピンクのユキバタツバキだけでした.

613の菅並六所神社裏で見たユキバタツバキ(2011/04/24).

踏査ルート沿いでは,ほかにキクサ゛キイチケ゛やヤマエンコ゛サク,サ゛セ゛ンソウ,イチリンソウ(未開花),トキワイカリソウ,スミレサイシンなどを見ることができました.ブナの新緑がとても綺麗でした.

 

2011年4月24日(日)

高時川へユキツバキを見に行きます.

興味のある方は研究室に9:00までに集合ください.車の都合がありますので,事前の予約をお願いします.

いろんな花が見られるユキツバキとヤブツバキの交雑地帯で(1997・4・15)

 

2011年4月15日(金)

西の湖で埋土種子のサンプリングを行います.

参加可能な方は朝9:00に研究室に来てください.配車可能な方ぜひともお願いします.

 

 2011年3月28日(月)

ライシメータの穴掘りが終了しました.

参加してくださった方々,重労働ご苦労様でした.

写真は3月29日早朝に撮った物です.

 

 2011年3月28日(月)

ライシメータの穴掘りを行います(最終日の予定).

9時〜夕方まで終日行います.参加よろしくお願いします.

なんとか2槽目まで終了しました.(2011/3/26)

 

 2011年3月26日(土)

ライシメータの穴掘りを行います.

9時〜夕方まで終日行います.参加よろしくお願いします

 

 2011年3月25日(金)

卒論・修論の製本が出来上がりました.

各自のデスクの上にある分はお持ち帰りください.

 

2011年3月21日(月)

卒業式が滞りなく行われました.

あいにくのお天気で,雨の合間を縫っての記念撮影でした.

前左から,Kg, Ii, Nk, Kw, Is, Nz, Ks

後左から,Iw, Kd, Wt, Ns, Kg, Tn, Hm

 

夜のパーティでの陸圏・相互の面々

 

2011年3月22日(水)この日が中止で26日(土)になりました

作業のお知らせ(4回目)

9時集合です.

3本の土を取り除く予定ですが,上の写真のようにやっと1本が終わりました.

お天気にもよりますが,次回は26日に予定しているとのことです.参加をお待ちしています.

 

2011年3月19日(土)

作業のお知らせ

16日,18日日に続いて明日も穴掘りを行います.参加可能な方はお集まり願います.午後のみです.なんとなく終わりが見えてきた気がします.

農場のライシメータに来てください.

 

2011年3月16日(水)

作業のお知らせ

3回生以上の方にはメーリングリストでお知らせがあったかと思いますが,16日(水)9:00から農場のライシメータで穴掘り作業を行います.時間,体力に余裕のある方,どなたでも結構です.参加をお願いします.

 

2011年3月15日(火)

東北地方で大変なことになっていますが,2009年の春の岩手での生態学会の際にお世話になったInさんに電話を入れますが,うまくつながず心配しています.一日も早く復興されることを祈っています.

その後15日のお昼ごろにやっと電話で話しをすることができました.無事とのことで安心しましたが,盛岡では,やっと電気がきたけれど油類や水,食料が手に入らないとのことでした.もう一人の郡山の友人にも連絡がつき,状況は同様のようでしたが,原発から60km圏にあるとのことで,その今後の成り行きを心配されていました.

 

2011年3月4日(金)

論,修論もなんとか一段落,

陸圏・相互での追いコンが開催されました.

左からWt,Kw, Ii, Nz, Nk, Ks, Kg, Isの卒業生,修了生の面々

51Cafeを借り切らせてもらいました.オーナご夫妻にはご無理をお願いして申し訳ありませんでしたが,おいしい料理に満足の一夜でした.

卒業生のYs君,参加されているかと楽しみにして駆けつけましたが残念でした.共に修了おめでとうございます.

 

2011年1月17日(月)

彦根も久々の大雪です.

一昨日,昨日センター入試中も雪でしたが,今朝も降り,8時の県大での積雪は25cm.

車を駐車場に入れるのに往生しました.

 

2011年1月13日(木)

新年初回のゼミご苦労様でした.

ゼミの後しばらくしてNn君が顔を見せてくれました.

 

今年もがんばりましょう!

(モンコ゛ルHovd県 Dalay Nuur湖畔 Dorgonにて:2010/8/26)

 

今日2010年12月29日(水)の研究会は事前予約制です.

参加される方は郭 さんまでご連絡願います.

時間:15:00〜18:00

場所:B0会議室

一般会費:200円

その他:この一年間に撮られた写真ファイルをお持ち下さい.

開催しました.Ys君参加いただけず残念でした.しっかりM論を書いて下さい.Nn君お会いできず残年です.12/31-1/2は休みますが,また顔を出すようにしてください.愛知川での写真撮影を1週間ほど行った結果も見ていただきたく思っています.

 北海道から参加してくれたInさん,そばにいながらこれまで知らなかったKsさん,郡上八幡のMnさん,写真が送れませんでした. ファイルが送れるアドレスをhamabata@ses.usp.ac.jpまでお知らせ願います.

 

 吉良竜夫先生の著作集の第一巻が完成しました.

2010/12/28(火)

 

吉良先生の誕生日の12月27日に第一巻が出来上がり,28日に先生の元に届けられました.第一巻は森林などについての著作が集められています.来月中旬ぐらいから店頭に並ぶそうです.価格も3,200円と低く設定されています.森林や生態学を勉強しようとする方には,ぜひとも読んで頂きたい図書です.出版社は新樹社です.

 

 「モンゴルの湖沼で」を更新しました.2010/12/27

 2010/12/16(木)

大津で開催されたびわ湖トラストの理事会に出席しました.

びわ湖大津館の夜景です.

 

2010/12/4(土)・5日)

新潟大学のフォーラムに参加した後,福島潟,丸潟新田再生湿地を見学してきました.

想像以上にハクチョウやオオヒシクイが多いのに驚かされましたが,ヨシ地の立派さにはそれ以上に驚かされた次第です.

新潟平野ではこの時期,水田にハクチョウがいるのが普通のようでした.

丸潟新田再生湿地

 

2010/11/03(水) 

祭日ですが,南湖で船に乗ります.参加を希望される方は朝8時にB4琵琶湖側入り口に集合してください.

 

2010/10/16(土)

講演会を開催します

                                                                                                Photo: Margaret Williams

◆◆◆シジュウカラガン回復計画についての講演会のご案内◆◆◆

・と    き: 20101016日 14:00-16:30

・と ろ: 滋賀県立大学環境科学部B4棟303教室

・参 費: 無 料

講演 日本雁を保護する会会長 呉地正行氏

「飛べ!シジュウカラガン未来に向けて 

〜千島での最後の放鳥を終えて〜 」

 似ているけど違うシジュウカラガンとカナダガン/ シジュウカラガン羽数回復の歩み,その成果と今後の課題/飛べ!シジュウカラガンー最後の放鳥;動画とスライドで紹介―/意見交換

 

2010/09/15(水)・17(金)

駆け足で第4回東アジア生態学連合(韓国)大会に行ってきました.

ポスター発表をしたY君が優秀ポスター賞を受賞しました.

2010/08/25(日)〜09/05(日)

モンゴル西部のダライヌール,中央部のオギヌールに行ってきました.

 

2010/08/07(土)08(日)

オープンキャンパスが開催されました.

↑環境生態学科の展示風景

 

↑ 胴長をはいて犬上川河口へ

↑ 犬上川河口ツーアの一行.暑い中ご苦労様でした.

 

 2010/08/02(月) 

南湖へ水草の調査に出かけます.

セレナで行きますので余裕があります.希望される方は連絡をお願いします.県大を8:00出発にしたいと思いますが,北山田港に9:00までに来ていただいても結構です.

 

2010/05/01(土) 

マキノ町に出かけます.

セレナで行きますので余裕があります.希望される方は連絡をお願いします.マキノ町での催し物の開始時刻が11:00からとの連絡がありましたので,9:00出発にしたいと思います.

 

2010/04/30(金)

南湖に水草の越冬芽のサンプリングに行きます.

北山田港から漁船に乗り殖芽や塊茎のサンプリング予定です.

その後時間があればBIYOセンターに立ち寄り実験に使わせてもらう水路の見学等を行います.

セレナで県大8時発予定です.参加を希望される方は連絡をお願いします.

 

2010/04/14(水)

マキノ町に出かけます.

朝8時に出て,夕方の5時過ぎに戻る予定です.セレナで出かけますので席に余裕があります.時期も良いので参加を希望される方は連絡をお願いします.

 

2010/03/31

4年間の大学生活で日本語もうまくなったIN君が,今日,無事?北海道へ向けて出発しました.

 

2010/03/30

昨日卒論・修論の製本ができてきました.著者の皆様機会がありましたら取りに来て下さい.

 

温室のカクチョウランが咲きました.

院生のYBさんから2,3日まえに教えてもらいましたが,時間が無くて行けませんでした.

今日は天気が良かったので写真を撮りました.

 

2010/03/20

卒業式,修了式が行われ,4年生5名,修士2名が無事?卒業・修了されました.

↑ 昼の部の写真:

陸圏生態系と生物相互作用の2研究室併せての卒業生

 

↑ 同ク゛ルーフ゜の夜の部の写真

↑どう言う訳か陸圏のお茶会などに参加されていた

看護のYMさんとMNさんも卒業

ムクツケキ?男子在校生が卒業生へ花束の贈呈

 

 2010/2/24〜3/2

マレーシアのチニ湖にでかけてきました.

卒論発表が22日に,大学院の入試が23日に終わりましたので,その翌日から1週間,またマレーシアのチニ湖に出かけてきました.

昨年の5月に比べてもかなり浅くなっており,ハス(Nelumbo nucifera)もよく咲いていましたが,カボンバ(Cabomba furcata)は長い茎を横たえ,広い面積を覆っていました.

 

忙しくてあまり話のできなかったアメリアさんと,

今回大変お世話になったニサさん(KLIA空港で).

 

 

ついに今年も年末になってしまいました.例年になく忙しい年でしたが,学生の皆様もご苦労様でした.4年生,M2の方々は論文提出まで残り僅かになりましたが,最後まで息を抜かず,がんばってください.

今年は院生の方々?ががんばってくれて,胴長の整理も進みました.ご苦労様でした.

少々異様な逆さ吊りの刑の胴長たち.

 

09/12/1(火)・2(水)湖北の早崎の湖岸地先に出向き,クロモ(Hydrilla verticillata)やヒロハノエヒ゛モ(Potamogeton perfoliatus)の地下部の堀取を行いました.天気は良かったのですが,さすがに水は冷たく,参加された皆さんご苦労様でした.

   

   上:潜りを覚悟してのウルトラマン一行

   

   上:掘り出した土からの塊茎や殖芽の洗い出し風景

 

09/11/7(土)・8(日)県大のオープン・キャンパスで,環境生態学科の展示を行いました.

また11(水)には研究室で,その慰労会もかねてお茶会を開きました.
 

   

上:オープンキャンパスの学科展示会場の様子.ヒシの実の試食会は初日で完食となってしまいました.

 

       

上:昨年から恒例?となったお茶会の様子.会を始めたY君や,I先生は都合で参加して頂けず残念でした.

 

09/08/19(水)〜9/8(火)韓国で開催されたWCWF2009(世界年水フォーラム2009)に参加し,その後モンゴルの水草等の調査に行ってきました(浜端).

8月24日(月)に韓国インチョン空港で後続の学生さん4人と合流し,ウランバートルへ.その後中央北部の都市ムルン(黄色いピンマーク地点)まで空路で,その後ミニバスに乗り換え西部のハル湖そばにあるダライ湖へ行きました.ダライ湖ではタヌキモ,アサザ,ヒツジグサが満開でした.帰りは空路が使えず,車でウランバートルに戻ることになり,車で走破した距離は2000km以上となってしまいました.参加された学生さん,現地のバット先生,アルーナ先生,ご苦労様でした.(詳しくは「モンゴルの湖沼で」にアップしていますので,ご覧ください.)

 

09/07/07(火)マレーシアのクアラルンプール国際空港からです(浜端).

 やっと会議が終わり東岸のクアンタンからクアラルンプールへもどりました.

 7月3日の関空出発が7時間遅れという旅の始まりが運のつきと言った旅行でした.

 クアラルンプールについたのが午前2時,ホテルに入ったのが午前4時,寝たのが5時.その4日の朝は8時半にバスに乗り,キャメロンハイランドをへてチニの宿舎に到着したのが午前4時,5日は朝八時にはチニを出,その夜は6時にはマレー半島東岸のクアンタンに付いたものの,翌日の発表準備で3時就寝,6日は7時起床,なんとか発表を終え,その夜は2時就寝,翌朝の7日は7時半起床,8時半からの会議出席と言う有様でした.会議が5時半まであり,車でクアラルンプールに戻るのは厳しいとのことで,空路にかえて戻りましたが,その空港から関空に戻るのが午後11時55分発の予定でしたが,1時間半の遅れの出発というので,今HPの更新を行っていると言う有様です.一日の就寝時間は3時間程度(出発前夜は完徹で発表スライド作りをするはめになっていました)で身がもったのが不思議なくらいといった過酷な旅でした.

 なお,空港内はエアランが使えて自分のパソコンの日本語環境下でHPの修正を行っています.明日8日はさすがに疲れ切っていますので大学には行けないと思います.ドリアンは今が旬とのことで,またぞろたらふく食べました.

 

09/5/30(土)南湖の北山田港から船に乗ります.センニンモのサンプリングです.

セレナを使います.席に余裕が有ります.参加を希望される方は,県大B4棟西口に8:00までに来て下さい.

 

09/5/12(火)〜5月18日(月)マレーシアのチニ湖の調査にM1のK君と出かけてきました.

 

今年も温室のカクチョウラン(Phaius tancarvilleae)が咲きました(09/3/20)

 

 

卒論・修論の製本が出来上がっています.卒業生の方々また遊びにきて下さい.

 

09/4/29(水)森林生物学・実験で伊吹山に行きます.

2回生の授業ですが,ハ゛スに余裕が有ります.参加を希望される方は,県大バス停に9:00までに来て下さい.カタクリなどの花も見られるとの事です.

 

09/3/21(土)県大の卒業式でした.

陸圏生態研究室からは修士2名,学部4名が巣立っていきました.

相互作用研究室と合同の記念撮影会(09/3/21)古株もいますが・・・・

 

生態学会大会から戻りました

学会期間中は,盛岡の友人宅に泊めていただき夕食までごちそうになりました.10人の学生さん達を快く受け入れて下さった稲村君とそのお兄さん,そしてそのご家族の方々,本当にありがとうございました.

 

2009年3月16日から19日まで

生態学会大会(盛岡)に出かけます.

院生の

●薮内さん:水鳥の湖岸植生に与える影響(1)―被食圧について―

●串岡さん:ロゼット型沈水植物2種の分布の違いは説明可能か?―人工水路での栽培実験から―

4回生の

●吉川さん:渇水後,クロモはなぜ増加したのか?―照度との関係―

●鈴木さん:沈水植物群落は水質を改善するのか?―水草と魚と動植物プランクトンの相互作用の解明に向けて―

をポスターセッションで,

また,浜端は自由集会「琵琶湖の生物多様性は維持できるのか?―レジームシフト進行中の古代湖―」で「南湖での沈水植物帯の拡大とレジームシフト」を報告する予定です.

 

犬上川河辺林でキクザキイチゲが咲いていました.

大学そばの犬上川で咲いているキクサ゛キイチケ゛(Anemone pseudo-altaica)(09/03/15撮影)

 

 2009年3月3日(火曜日)午前9時

埋土種子の播き出し実験を始めます.

埋土種子の実験の準備を始めます。まずは土を播きだす大学農場のライシメータの掃除をしますので、時間の都合のつく方はご参加願います。

午前9時に研究室にお集まりください。その時間に間に合わない方は農場の中央付近にあるライシメータ付近に来てください(人がいるので分かると思います)。

ただし、汚れても良い格好で来てください。詳しくは院生の郭さんにお問い合わせください。

 

2009年2月7日(土)9時〜11時

特別講演会のお知らせ

雁の里親友の会事務局の池内俊雄さん等の協力を得て,水鳥のフライウェイを考える研究会を下記の2人の研究者を招いて開催します.

こぞってご参加下さい.

場所:環境科学部B0棟2階会議室

演者・講演題目

ゴンボバータル(姓)・スンデフ氏(国立モンゴル大学・生物学部・准教授):「モンゴルにおける鳥類の保護と渡りの調査―これまでの調査の内容と将来の課題―」

アレキサンダー・V・アンドレエフ氏(ロシア科学アカデミー北方生物諸問題研究所 鳥類学室長):「オホーツク海沿岸の鳥類の多様性と渡り、そして保護について」

 

2009年あけましておめでとうございます.

今年もよろしくおねがいします.

2008年12月10日マレーシア・チニ湖にて

 

 マレーシアのチニ湖でウツボカズラの仲間(Nepenthes_sp)を見ました(081210).抽水状態で生えているタコノキの仲間(Pandanus helicopus)に巻き付いていました.

 

 08年11月21日(金)

浜端のFWは開催します.河川調査にでます.午後1時にB4棟出口に集合してください.

 

08年11月20日(木)

船で南湖に出る予定でしたが,冬型の天候が予想されますので,中止としました.また野間先生のFWはこの日に開催されるとのことです.

 

08年11月14(金)

神上沼でナガエツルノゲイトウに日覆いをして2週間目の様子を調べに行きましたが,少し葉がしおれ気味という程度で,光を当ててやると元気を回復しそうでした.

 

08年11月8(土)〜9日(日)

 ヒシの実の試食会を開催します.7日から9日まで県大の学園祭湖風祭が開催されています.環境生態学科では学部のB0会議室(2F)で8〜9日に展示を行います().陸圏研究室ではその中で水生植物のヒシの実()の試食会を開催しますので,一度食べに来てください.

 

実際に用いたのはオニビシ(Trapa natans v. japonica)でした().一晩水に漬け,洗ったあと鍋に水とオニビシをいれ,塩を加え30分ほど中火で煮ました.

 

08年9月21日(日) 

景観生態学会に参加したあと,鹿児島本線の折尾駅(駅名を間違えて書いていました.小林さんご連絡ありがとうございました)で大野さんと待ち合わせて,イトモやツツイトモを見せてもらってきました.

大野さんありがとうございました.

なかなか趣のある折尾駅(08/09/21)

 

Potamogeton pusillus(08/09/21)

果実もとれましたのでイトモに間違いはありません.北九州市の山田緑地にて.

 

Potamogeton panormitanus(08/09/21)

採石跡地の窪地にできた湿地で見られたツツイトモ

 

08年9月20日(土)

景観生態学会,日本緑化工学会,応用生態工学会の3学会合同大会に出てきました.要旨が有りますので,ご覧になりたい方は部屋に見に来てください.プログラムは実験室の白板の所に置いています.渡邊さん,山崎さん,デスクに資料を置いておきます.

 

 

08年9月16日(火)

東近江市伊庭内湖のキャラクターのモロちゃん(右にいる目玉の大きなモロコ?)とケーブルテレビのキャスターの笑(えみ)ちゃんに会いました.

 

 08年9月8日(月)

 

近江八幡市内でミス゛オオハ゛コ(Ottelia alismoides)の開花を見ました.

花は大きく,花茎も1mを越す長さのものがあり,オオミス゛オオハ゛コとされていたク゛ルーフ゜のものかと思われます.

 

08年8月11日(月)〜17日(日)

自然環境特別実習で秋田,青森,宮城県の湖沼を回ってきます. 

 

08年5月5日(月)

彦根市の水路でヒルムシロを見つけました.村長さんや,湖北野鳥センターの植田さんに教えて頂いた情報を頼りに彦根市南部の水路を探していると,泥濁りの水の中にヒルムシロ(Potamogeton distinctus)の浮葉を見つけました.

ヒルムシロ(Potamogeton distinctus)

浮葉(赤い葉)と葉柄の長い沈水葉がついている.

 

08年5月3日(土)

第一回目の愛知川での水草の種子や地下茎探しの様子.

 

08年4月12日(土)

時間がないのに,伊吹山の麓に行って来ました.

トウゴクサバノオ(Dichorarpum trachyspermum)

ニリンソウ(Anemone flaccida

カタクリ(Erythronium japonicum

 

 

 08年4月2日(火)

今日の出来事

ヾ長蠅捻砲伊真沓看生がいました.

 

多賀の里山で早春の花を見ました.少々雲が増え,光条件は良くありませんでしたが,めぼしい花を見ることができました.

↑セツフ゛ンソウ(Eranthis pinnatifida

↑フクシ゛ュソウ(Adonis amurensis)

↑キクサ゛キイチケ゛(Anemone pseudo-altaica)

↑ミスミソウ(Hepatica nobilis var. japonica)

 

08年3月31日(月)

卒論の製本ができてきました.次期4年生,旧4年生の方々,一度見に来てください.

 

08年3月26日(水)

温室のカクチョウラン(Phaius tancarvilleae)が咲きました. 英名は Veiled nun orchidだそうです.花を見るとその名前が納得できます.

 

 

08年3月22日(土)

陸圏生態研究室から無事5名卒業していきました.おめでとうございます.

また,現3年生の方々,卒論がんばってください.写真撮影時,行方不明だった3年生の鈴木さん,ごめんなさい.

 

水草に関しての雑誌会は、4年生の卒論仕上げが忙しくなりそうですので、当分の間お休みにしたいと思います。

08年1月8日以降。

 

長い間,アップできなくてもうしわけありませんでした.なんとか復活しました.

 

 

 

 

  

 

07/11/15(木)

今日,漫画家の中田雅喜さんのHPの日記帳に次のような記述を見つけましたオープンキャンパスはS県立大。いやあ、いい環境にあるなあ、空気がうまい。田舎の公立大って、のどかでいいかも。勉強以外する事無いしだそうです.

 

以前の愛知川

 (07/12/3(月);7:50)暖かい朝だったが,雨.そのためいつもの橋の上からの写真を休んでしまいました.カモが少なく下流左岸付近,上流右岸部に見られた.コハクチョウは見つけられなかった.

↑下流部中州先端部.カモがちらほらいる程度だった.

 

 

 (07/12/2(日);3:10〜3:20)今日は東京からの帰りに撮ったので,午後の写真となった.コハクチョウは見られなかったが,カモは風の影響を避けてか中州右岸側に多く見られた.

↑↓下流側.

下流側の右岸側のカモの群れ.

上流側.カモは中州右岸側にいた.

 

 (07/11/25(日);7:30〜7:40)穏やかな朝だった.水鳥は少なかったが下流側にはコハクチョウ2羽が戻っていた.

↑↓下流側

左上にコハクチョウが見える(中州下流側).

上流側.水鳥は少なかった.

下流中州先端部付近で休むコハクチョウ2羽.

 

  (07/11/10(土);8:20〜8:30):曇り.今日は1時間で遅れてしまいました.雨上がりで,風もなく穏やかな朝でした.

↑↓下流側.水鳥は河口側の中州の先に集まっていました.

 

 

  (07/11/9(金);7:10〜7:15):曇り.比較的暖かい朝だった.

下流側.水鳥は昨日よりかなり河口に近い水域に集まっていた.軽トラ2台が出ていったので漁の後かもしれない.

↑↓上流側.右岸側の水鳥の集まっている様子.

中州の干上がりがかなり広くなった.琵琶湖の水位は-60以下になってきている.

 

 

 

  (07/11/7(水);7:25〜7:35)

↑↓下流側.曇りで琵琶湖からの風が強かった.水鳥は下流河口側に多く見られた.

中州先端付近のヒロハノエビモなどが生える部分に水鳥の集団が見られた.

上流側.右岸側のクロモ群落の付近に水鳥が見られた.

 

  (07/10/24;16:15〜16:25)

↑↓下流側.24日は朝愛知川がわたれず,午後の写真になった.

下流側でも穴ぼこの多いことがわかった.

上流側.カモは上流側に多く見られた.

 

 (07/10/23;7:30〜7:40)

下流側.風もない穏やかな朝だったが,水鳥は大部分が河口付近に分布していた.

↑↓上流側.カモの採餌後(クロモ群落)の跡地の穴ぼこ

 

 

  (07/10/22;7:30〜7:45)

↑↓下流側.水鳥は上流側にもおらず,河口付近に集中していた.

ケンナワがさらに100mのびました.

上流側.クロモの無くなった跡が穴ぼこだらでした.

 

  (07/10/21;7:30〜7:45)

↑↓下流側.日曜日なので釣り客が数人いて,水鳥は河口付近や,上流右岸側に集まっていた.気温の低い朝だった.

ポールは健在

 

上流側

 

  (07/10/20;7:30〜7:45)

雨も上がり少し日が差す天気.気温が下がるとの予報だったと記憶するがさほどでもなかった.カ゛スが出ていたために,あまり遠くは見えないが,河口付近に水鳥は多かった.

↑↓下流側

一昨日の調査に参加された方へ,残したホ゜ールは無事でした.切れていた水草がかなり流され,生育しているものとの区別がつきやすくなっていた.

↑↓下流側

橋の上から,団子になったアユの群れ(中央)が見られた.

 

  (07/10/19;7:30〜7:40)

19日の撮影時は小雨で,今後の雨が気になる.水鳥が下流部河口付近に多数集まっていた.↑↓下流側,下の写真は昨日の調査に参加した方達向けのものです.

 

19日の上流側の様子.

 

 (07/10/18;7:35〜7:45)

18日は気温は低いながら,天気は良く,風の少なかった.

下流側,↓上流側.

 

 

 (07/10/17;7:30〜7:40)

下流側,上流側.温度は低いが穏やかな朝だった.水鳥は次第に増加してきている.

 

  (07/10/16;7:25〜7:35)

16日は穏やかな天気で,水鳥も多く集まっていた.特に上流側に多かった.

下流側,上流側.

 

(07/10/15;7:20〜7:30)

15日は中州のあたりにはほとんど水鳥が見られず,河口付近や上流付近にいた.天気は良いが琵琶湖からの風が強かった.釣り客がいないためか,数羽は左岸の岸辺の護岸付近に集まり背の高い水草の表面で採餌していた.下流側,上流側.

 

 

(07/10/14;7:35〜7:45)

曇りながら風も無く穏やかな水面だった.釣り客がやって来ていて下流中州付近にはあまり水鳥が見られなかった.気温が低く,背の高い水草は少し沈み始めていた.

下流側.

上流側(こちら側には水鳥が多く見られた).

 

 

(07/10/13;7:40〜7:50)

下流側:土曜日で釣り客の車2台が流れのそばまで入っており,水鳥は琵琶湖に近い部分とと橋より上流側にたむろしていた.天気は良く風も少なかった.下流側 上流側

 

(07/10/12;7:30〜7:40)

 10月12日は天気もよく穏やかな朝だった.まだ水鳥の飛来は多くはない.

 

(07/10/11;7:30〜7:40)

10月11日朝は小雨が降ったりやんだりの状態だった.風は弱く穏やかな湖面?だった.

 

(07/10/10;7:30〜7:40)

10月10日は天気は良いが,湖からの風が強い.

 

07/10/9;7:30〜8:00

10月9日は天候が悪く,また琵琶湖側からの風(北西風?)が強かった.

愛知川左岸側

愛知川右岸側

Yahoo!ジオシティーズ