TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真ジャンタル・マンタル天文台




ジャンタル・マンタル天文台

ジャンタル・マンタル天文台

ジャンタル・マンタル天文台

ジャンタル・マンタル天文台

ジャンタル・マンタル天文台

ラブのほうは
もっさり取れるという感じはありませんでしたが、
普段スリッカーではとれない下毛細い毛のみが取れていました。
スリッカーに敏感で先に玉がついているものでさえもとかすと痛がって?逃げてましたが、
ペット用品ですとほとんど嫌がらずにだまってさせてくれました。

うちのはラブですが確かに毛が舞うことが他のブラシに比べて少なく、ブラシがけの感触がよいです。
他のブラシでは嫌がるうちのごん太もおとなしく体を預けてくれました。
換毛期が楽しみです。

早速使ってみましたが、毛がつやつやしていい感じです。
被毛の手入れ嫌いの長男愛しの忠犬がそれほど嫌がらずに毛をとかさせてくれるので
とても気に入りました。

北海道の「ラブ」パパのマークンです。
今日仕事が終わって家に帰ったら、ペット用品が玄関においてありました。
早速うちの「ラブ」に使ってみましたら、かなり死毛が付いて来ました。
そして、次にいつもの愛しの忠犬仲間が集まるところに持って行き、いろいろと試してみました。

他のラブラドールレトリーバーのチョコはアンダーの毛があまり無いのか、そんなに抜けてこない。
ハスキーのミックスは物凄い量の毛が抜けてきて、びっくり。
ゴールデンの子は普段のお母さんの手入れが効いていて、余り抜けない。
他のゴールデンの子は逆にこれまた、物凄い毛が付いてきて、飼い主さんも仰天。
確かに愛しの忠犬によって、また普段の手入れなどによっても結果が左右されているようだけど、大きく効果のある子もいるのは事実。

使った感想は、取っ手(握り)の部分が若干小さめなので、持ちづらいという声が多かった。
毛をすく部分はあまり大きくすると、毛の抵抗が大きくなったりして大変なので、それはいいのだけど持つところの穴の部分がちょっと小さいので、指が二本しか入らずに力が余り入らないそうです。
少し工夫をすると持ちやすくなるのかな。

いずれにせよ、抜け毛に悩む飼い主さんにとっては大きな魅力のある商品には違いなく、私もみなさんにお勧めします。

ここでいう完成木とは、すっかり姿も整い、いつでも床の間に飾って楽しめる樹、展示会にいつ出品してもいい樹をさします。
突然、上級の樹から解説をはじめるなんて、何を考えているのかよくわからん、などと文句のひとつも出そうなところです。
特に、初心者の方々、盆栽経験の浅い読者の方々には最初から完成木など無理と敬遠されるかも知れません。
確かに完成木を白ら作業するとなると、樹の良さを損なうのではないか、変な樹姿になったら恥かしいなどと、思うものです。
あなただけじゃない、みんなそう考えるのが、普通。
それが常識というものです。
でもよーく考えてみると、完成木で行う作業というのは、現在の樹形を維持すること。
それが、最大の目標です。
樹形の維持……今のままの黒松であれぱ、それでいいのです。
はたして、維持はそんなに難しい作業でしょうか。
もしかして、維持するコツさえ飲みこめぱ、意外とカンタンなものかもしれません。
荒木や半完成木から育てて、完成木までもっていく年月と努力を考えると、すぐに観賞できる楽しみが得られます。
もちろん作る楽しみに比べたら、盆栽に賭ける夢は小さいかもしれません。
しかし、夢は小さいかもしれませんが、誰もが盆栽と認めるものと接し、維持していく経験はかけがえのないものです。
白分の国ではめっぽう強いのに、世界をちょっと覗いてみたら、やっぱり強かったので 帰ってきた例もあります。
これと同じことが完成木を前にしたとき、わきあがってくるのかも知れません。
お好みへTOPへ >  戻る