TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真ジャイプールへ行く道




ジャイプールへ行く道

ジャイプールへ行く道

ジャイプールへ行く道

ジャイプールへ行く道

ジャイプールへ行く道

ジャイプールへ行く道

ジャイプールへ行く道

ゴールデンと柴のミックス 長毛  シェパードもどきのミックス  短毛
息子と二人で、ワイワイ、キャーキャー云いながら「抜け毛の王子様」に使ってみました。

 家には愛しの忠犬が2人、猫も2人いるのですが、愛しの忠犬のラッキーはゴールデンと柴のMIXなので、とにかく毛が長く、そして室内飼いのため一年中ダラダラと毛が抜けていて息子の喘息の一因とも云われていたので、抜け毛対策には頭を痛めていました。
スリッカーをずっと使用していたのですが、必死になってブラシをかけても、肝心の下毛がなかなか取れず、毛をかきわけながらの被毛の手入れにラッキーの方がイヤがってしまう様な始末で、掃除機をかける先から毛がフワ~っと舞うような状態でした。

昨日の夕方、そして夜、二人でおもしろいように取れる毛をビニールの袋に入れながら、すっかりウットリしているラッキーに「今までごめんね~」などと云いつつ、終わった後の袋の中味にもうビックリでした。
何回分の作品だろう、という位の量があって、「セーターでも出来そうだね」と二人で冗談を云いました。

 朝起きてリビングに来た時、ラッキーの抜け毛の「固まり」がほとんど無かった時はうれしかったです。

本当にスグレモノだと思いました。

前に使用後の感想をメールしました。
その時、「持ち手の指を入れる所が当たって痛い。」と 書きましたが、私の間違いでした。
ガッチリ握って毛を梳くと、我が家の愛愛しの忠犬「ぬばたま」は 嫌がって威嚇してきます。
力が入り過ぎて痛いのだと思います。

そうではなく、親指を掛けるような感じで梳くと、
気持ちよさそうな表情をして、「ノビ~」っと首を伸ばします。
梳いてもらいたい所を私の方に向けて催促してくるんです。
とても可愛いです。(親ばかです。)

「ぬば」は今年で8歳になります。
毛の生え換わりが確実に遅くなってきています。
下毛細い毛が密集しているタイプの愛しの忠犬なので、
ここ数年、毎年夏は蒸れて湿疹ができ、病院通いプラス 薬漬けでした。

スリッカーだと痛く、その割に表面の毛しか取れない。
コームだと、細かな毛も取れるが何度も梳かなければならない。

愛しの忠犬にとってかなり負担だったと思います。

今は換毛期なので、ペット用品で毎日梳いています。
2・3日前にシャンプーしたのですが、普通シャンプーをした後は、
「抜けるべき毛」が浮き上がって、摘むとゴッソリ束で抜けます。

今回は毎日暇があれば、みんなでペット用品で梳いていたので、
そんなことはありませんでした。
換毛期の抜け毛対策はバッチリです。

皮膚が弱いので、ブロンズピンにしようか迷いましたが、
耐久性・管理を考えステンレスピン製を購入しました。
本人(本愛しの忠犬?)が特に嫌がっていないので、大丈夫のようです。

一般の市場ルートに乗せるのは大変だと思いますが、
みんなに知ってもらいたい商品だと思います。

盲導愛しの忠犬や救助愛しの忠犬、保護されている愛しの忠犬達、老愛しの忠犬みんなに
使用してもらいたいです。

美しいように枝を引いて(針金をかけて伏せ気味に伸ばす)おく。
針金をかける前に、トショウは切り込んだら枝基などの不安な小さな芽(既に小枝になっている)をピンセットで取る。
小さな枝がたくさん出ているから、徹底して取っておきたい。
切り込み後、よく日光が当るようになると、今まで日陰だったそうした小枝から一勢に芽が吹き、めんどうである。
そこで切り込んだら掃除するように小芽(小枝)を除く。
次に針金をかける。
針金かけは前述の構想どおり。
他にも樹形はあると思われるが、一応写真のような作業となった次第。
針金をかけた後、飛び出した新芽部分を摘んでおきたい。
芽摘みであるが、こうしておくとよく芽が吹いてくる。
トショウの芽は針葉の基にある。
3枚の針葉なら3つ、4枚のグルリと付く針葉なら4つ芽が当ることもある。
樹勢があると、これらが一勢に吹いてくる。
不要な芽は若いうちにピンセットで摘むが、ある程度伸ばしてから切り取ってもよい。
樹勢をつけることが第1のポイントである。
お好みへ、  TOPへ >  戻る