ムガル帝国写真 TOPへ戻る
ムガル帝国写真

ムガル帝国は




ムガル帝国写真

ーータージマハールーー

タージマハール 1

タージマハール 2

タージマハール 3

タージマハール 4

タージマハール 5

タージマハール 6


ーーアグラフォートーー

アグラフォート 1

アグラフォート 2

アグラフォート 3

アグラフォート 4

アグラフォート 5

アグラフォート 6

アグラフォート 7


ーーファテープルシークリーー

ファテープルシークリー 1

ファテープルシークリー 2

ファテープルシークリー 3

ファテープルシークリー 4

ファテープルシークリー 5

ファテープルシークリー 6


ーーデリーーー

デリー 1

デリー 2

デリー 3

デリー 4

デリー 5

デリー 6

フマユーン廟 1

フマユーン廟 2

クトゥプミナール 1

クトゥプミナール 2

ラージカート 1


ーーデリーへの道ーー

デリーへの道 1

デリーへの道 2


ラジャスタン

ーーーアグラからジャイプールへーー

ジャイプールへ行く道 1

ジャイプールへ行く道 2

ジャイプールへ行く道 3

ジャイプールへ行く道 4


ーーージャイプールの街ーー

ジャイプールの街 1

ジャイプールの街 2

ジャイプールの街 3

ジャイマハール 1


ーーーアンベール城付近ーー

アンベール城付近 1

アンベール城付近 2

アンベール城付近 3


ーーーアンベール城ーー

アンベール城 1

アンベール城 2

アンベール城 3

アンベール城 4

アンベール城 5


ーー風の宮殿ーー

風の宮殿 1

風の宮殿 2

風の宮殿 3

風の宮殿 4

風の宮殿 5


ーージャンタル・マンタル天文台ーー

ジャンタル・マンタル天文台 1

ジャンタル・マンタル天文台 2

ジャンタル・マンタル天文台 3


ヴァーラーナスィー

ーーーガンジス河の朝ーー

ガンジス河の朝 1

ガンジス河の朝 2

ガンジス河の朝 3

ガンジス河の朝 4

ガンジス河の朝 5

ガンジス河の朝 6

ガンジス河の朝 7


ーーーガンジス河の夕ーー

ガンジス河の夕 1

ガンジス河の夕 2

ガンジス河の夕 3


ーーバナーラスーー

バナーラスの街 1

バナーラスの街 2

バナーラスの街 3

バナーラスの路地 1

バナーラスの路地 2


ーーサールナートへの道ーー

サールナートへの道 1

サールナートへの道 2

サールナートへの道 3


ーーサールナートーー

サールナート 1

サールナート 2

サールナート 3

サールナート 4

サールナート 5

サールナート 6


ーー夜汽車の風景ーー

夜汽車の風景 1

夜汽車の風景 2

夜汽車の風景 3


 噂通りの効果に感心しました。
何よりも愛しの忠犬が毛梳きを嫌がらないのがいいですね。
これまで使っていたスリッカーブラシには異物感からか(ブラシに)噛み付きそうなぐらい 威嚇していたのですが、ペット用品だと気持よさそうにされるがままになっています。

 注文から配送まで迅速だったことも嬉しく、いい買い物をしたと家族一同喜んでおります。

 あれから、毎日使っています。
使いやすいし、抜け毛がさっととれるのがいいですね。
我が家の愛愛しの忠犬も気持ちよいらしく、
きのうは、被毛の手入れ中にうとうととしていました。

ブラシを手にすると逃げ回ってた子が短い時間ではありますが、ペット用品を当てさせてくれました。(コームにとれた毛をみて感激です)
少しづつコームを当てる時間を長くし、慣れさせていきたいと思います。
ロングなので毛換期が大変でしたが、悩みがひとつ減りました。

注文してよかったです!(^^)!

朝から早速使用させていただいています。
簡単に毛を掻き集めることができ、集めた毛を苦も無く取り除くことができ、感動物です。
愛しの忠犬も嫌がらずに伸びて寝そべり、なすがまま状態です。
良い物をご提供いただき、ありがとうございます。

さっそく使用してみましたが、ごっそり抜ける抜け毛にびっくり!
(あまり被毛の手入れしてなかったもんで・・・)
そして後処理の簡単さにもびっくりしました。
もっともっと使いたかったけど初日なのでほどほどにしておきました。

これから毎日使うのが楽しみです。

良い!良いですよ。
今までは主にスリッカーを使っていたのですが、幅が広くて愛しの忠犬の体にフィットしにくく、肌を傷つけないか心配で、おまけにトリミング台の上じゃないと被毛の手入れさせてくれなかったのですが、「ペット用品」はもちやすいし小さいので満遍なく被毛の手入れができ、毛もたくさん取れました。
そして一番驚いたのは、我が家の愛しの忠犬が全く嫌がらず、おもちゃで遊んでいて最後には寝てしまいました。
これからは被毛の手入れが私にとって楽に、愛しの忠犬にとって楽しみになりそうです。


嫌われるのが「カエル又」で、幹が途中から2本になる場合、同じ太さのものがカエルの股のように鈍角に曲がることをいいます。
こうした枝のものは昔.強いゴム紐をつけて小石を弾いて遊んだ縣具そっくりで、盆樹の形としては嫌われます.早めに片方の枝を始末することが必甕です。
イヤイヤ曲がりもダメ。
小品盆栽は観る者に力強さと躍動感 等為のをよしとしますが、こ物の小品盆栽とはいえません。
アルミ線という至睡便利なものが普及したために、簡単にアルミ線を巻き付けて「針金かけ」と称していますが、鋭角に曲げることはビキナーにはできず、そのために螺旋形やイヤイヤ曲がりにしかなりません。
こうした曲がりは、自然界では「蔓性のもの」以外では見られない。
つまり自然界と遊離した形になりやすいので、「本物志向」の方は「針全細工」と蔑視して敬遠。
針金より八サミ作り。
筆者は数万という小晶を培養していますが、マツ類以外のものはすべてハサミ作りです。
自然界と遊離したグニャグニャ曲がりより、数段自然らしいと自負しているものです。
ハサミ作りの利点は大量培養が可能なことと、植物本来の性質をより引き出せるからです。
難点は針金作りより年数がかかることですが.数多く培養してい犯ばそれも気になりまぜん。
「急がずするところを見定めることで、右に枝が欲しいときは右に付いている葉を残して切り,左に枝が欲しいときは逆にします。

お好み  TOPへ