TOPへ戻る
ムガル帝国写真

ムガル帝国は




ムガル帝国写真

ーータージマハールーー

タージマハール 1

タージマハール 2

タージマハール 3

タージマハール 4

タージマハール 5

タージマハール 6


ーーアグラフォートーー

アグラフォート 1

アグラフォート 2

アグラフォート 3

アグラフォート 4

アグラフォート 5

アグラフォート 6

アグラフォート 7


ーーファテープルシークリーー

ファテープルシークリー 1

ファテープルシークリー 2

ファテープルシークリー 3

ファテープルシークリー 4

ファテープルシークリー 5

ファテープルシークリー 6


ーーデリーーー

デリー 1

デリー 2

デリー 3

デリー 4

デリー 5

デリー 6

フマユーン廟 1

フマユーン廟 2

クトゥプミナール 1

クトゥプミナール 2

ラージカート 1


ーーデリーへの道ーー

デリーへの道 1

デリーへの道 2


ラジャスタン

ーーーアグラからジャイプールへーー

ジャイプールへ行く道 1

ジャイプールへ行く道 2

ジャイプールへ行く道 3

ジャイプールへ行く道 4


ーーージャイプールの街ーー

ジャイプールの街 1

ジャイプールの街 2

ジャイプールの街 3

ジャイマハール 1


ーーーアンベール城付近ーー

アンベール城付近 1

アンベール城付近 2

アンベール城付近 3


ーーーアンベール城ーー

アンベール城 1

アンベール城 2

アンベール城 3

アンベール城 4

アンベール城 5


ーー風の宮殿ーー

風の宮殿 1

風の宮殿 2

風の宮殿 3

風の宮殿 4

風の宮殿 5


ーージャンタル・マンタル天文台ーー

ジャンタル・マンタル天文台 1

ジャンタル・マンタル天文台 2

ジャンタル・マンタル天文台 3


ヴァーラーナスィー

ーーーガンジス河の朝ーー

ガンジス河の朝 1

ガンジス河の朝 2

ガンジス河の朝 3

ガンジス河の朝 4

ガンジス河の朝 5

ガンジス河の朝 6

ガンジス河の朝 7


ーーーガンジス河の夕ーー

ガンジス河の夕 1

ガンジス河の夕 2

ガンジス河の夕 3


ーーバナーラスーー

バナーラスの街 1

バナーラスの街 2

バナーラスの街 3

バナーラスの路地 1

バナーラスの路地 2


ーーサールナートへの道ーー

サールナートへの道 1

サールナートへの道 2

サールナートへの道 3


ーーサールナートーー

サールナート 1

サールナート 2

サールナート 3

サールナート 4

サールナート 5

サールナート 6


ーー夜汽車の風景ーー

夜汽車の風景 1

夜汽車の風景 2

夜汽車の風景 3


早速使ってみましたが…本当によくとれますね。
今まさに換毛期の真っ最中で1日に何度も被毛の手入れしていましたので、あまり取れないかなと思っていたんですが、ペット用品で1回とかしてみるとびっくりするほどの毛が取れました。

これなら毎日の被毛の手入れが楽しくなりますね。
ワンもとっても気持ちよさそうにしています。

それに、注文してからあっという間に届くという点にも満足しています。
必要なので注文するわけですから、届くまでに日数がかかるとがっかりしてしまいますよね。

ペット用品は大変使いやすいですね。
ゴールデン等の長毛種には最適です。

ペットの泊まれる宿では、
毛が散らないので室内でもブラシができ、大変重宝しています。

早速使ってみたところ、使いやすくてとても気に入りました。
抜け毛の処理が楽な点がすばらしいですね。
今まではついおっくうで何日かごとにしかブラシをかけてあげなかったのが、
家の中でゆっくりと撫でてあげる感覚で、毎日コーミングしています。
心なしか少しだけスリムに見えるような気も・・・(笑)

お送りいただきましたペット用品は我が家の愛愛しの忠犬コーギー、ポコのお気に入りとな りました。
ピンクッションを作ろうと思ってワッサワッサと毛を抜いております。

少しブラシをかけただけなのに、結構とれてびっくりです。
抜け毛が多いので、はりきってしようと思います

使用した方の声の通り、ブラシ嫌いなうちのワンもおとなしく寝転んでくれました。
今までは首根っこを押さえるようにして被毛の手入れしていたのですが、ペット用品で梳かし始めると寝転ぶようになってくれただけでも大きな収穫です。
子供たちもブラシがしやすくなったと喜んでます。

うちの愛しの忠犬は被毛の手入れが嫌いみたいだったのですが、
今日は気持ちがいいのか、おとなしくしてました。
まだ5ヶ月なので今から大活躍してくれそうです。

到着したその日から使わせてもらいました。
我が家のウェルシュコーギーは、たまにいる長毛愛しの忠犬なので毎日の被毛の手入れがかかせません。
ペットショップなどで売られているスリッカーブラシを使っていたのですが、
物によって痛がったりするために今までにいくつも購入するはめになっていました。
このペット用品を使ったところ気持ちが良いのかそのまま横になり寝てしまうほどでした。
簡単に下毛細い毛も取る事ができ、ペット用品のおかげで換毛期も楽になりそうです。

ピーク時にはどの程度の抜け毛が取れるか今から少し楽しみです。


幽霊作りはしない。
人間の世界では、足元の見えないものを幽霊として恐れ崇めていますが、ボンサイの世界ではどうでしょうか。
下枝を繁茂させすぎて根元の見えない盆樹もあります。
これを幽霊木と称したのが我が師で、筆者ももちろん同感です。
根張りと立ち上がりこそ盆樹の見所なのですが、肝心の根元が枝や葉で見えないほど繁茂させるのは、「やりすぎ」ということです。
これに関連して三口いますと、幹が見えないほど枝を多く付けているのもどうでしょうか。
前に述べたとおり、「枝は表三分で裏七分」が正解なので、前枝はブラジャーやフンドシくらいがよいのです。
前枝を少なくす柁ば、力強い幹模様が強調されて観る者に感動を与えます。
ミノ辯け作りもどうでしょう。
ミノとはその昔、雨を避けるために着用した藁で編んだもので、前は見えるが背中はミノに隠れて見えません。
これを樹形で言い表すと、裏枝が多すぎることになります。
あるいは斜幹ものの上部が、枝や葉で覆われて幹も見えないことです。
つまりただなんとなく盆樹ということで、もちろん空間もなければハズミもありません。
真柏やネズミサシ、五葉松なビに見られますが、躍動感はありません。
適当に幹が見えることが肝心です。

お好み  TOPへ