TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真ガンジス河の夜の祈り
パンジャブ州ヴァーラーナスィー



ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
昨日、迎えに行って久しぶりに見た「はな」は凄かったです
年も取っていたので、ゴールデンのようではなくなってましたけど(笑)
よくも、こんなに・・・・って感じでした

主人の実家で飼っていた愛しの忠犬なのですが、母の引越しにより、最初は我家に来る事になっていたのですが老愛しの忠犬だと言う事も含めて、譲って欲しいという方がいて、共働きの私達より、幸せになれるのではと思い養女に出しました
が、ブラシ掛けさせない、毛が抜けるからこれからの時期部屋に入れられないと・・・・・母の元に連絡があったのです

帰ったときには、まだペット用品には気がついておらず、いつもお世話になっているサロンや獣医にも相談しましたが暴れるのであれば、鎮静して、そのための血液検査して、場合によっては丸刈りと言われました
やれるだけ、やってみようと思い、ブラシ、はさみで2時間掛けて毛玉退治をしました
はなも、よく頑張りました
でも、まだまだ、いっぱい抜けます


[数日後]
昨日、ペット用品使ってみました!
ブラシ掛けは元々好きではないので、「なにすんのよ~」てな感じでいましたが旦那が抱っこすると、安心するのか、どこでも掛けさせてくれました

本当にビックリするほど取れるのですね~
はなの場合、まだまだ一度にはムリだろうし、時間もかかるでしょうけど
これからは、このペット用品で毎日の習慣にしようと思っています

我が家にはたっぷりふさふさのゴールデンの男の子被毛の手入れはとても大変でした。
周囲には毛が飛び交って、着ている服まで毛だらけになっておりましたが、ペット用品は周囲に毛が飛ぶこともなければ着ている服にも殆ど毛が着きません、すばらしい。

これで気軽にいつでもワンの身づくろいができます。

早速使用しましたところ、今までブラシを見せただけで 逃げ出していた愛しの忠犬が長時間被毛の手入れさせてくれたので感激しています。
下毛もごっそりとれてすっきりしました。

もっと早くに使っていればよかったと思うことしきりです。

ペット用品早速使いました。
毛を梳かし始めたらすごく気持ちよさそうで、こっちも梳かしてと仰向けになって 足をひろげてしまいすごい格好でした(笑)
下毛細い毛も楽にきれいに取れるので換毛期の手入れが 楽しくなりそうです。
注文して使って見て良かったです。

とくに小品小品盆栽においては、「絵に書いたような校順」は不可能です。
タブーとさ札ている「カンヌキ枝」も、小品の場合は狡の太さが同じでなければ」全駆取らなぐてもよいのです。
頂部は強くなりやずく、下枝は弱い木は、サツキ類を除いてド枝が弱く、頂部は強くなる性質があります。
とくに松類やケヤキのように、大木になりやすいものにこの傾向が強い。
これも「お叱り」を受けそうですが、小品盆栽専門誌にはさまざまな樹形のイラストが載っています。
イラストレーターかイラストの依頼者、あるいはその双方に起因すると恩われますが、失礼ながら自然界と遊離する樹形に見えて仕方ありません。
どいうのば、このものは頂部が異様に強すぎます。
頂部が強いということは、生長途丘の「若木」だけで、占木や老木の頂部はスケスケになっているのが自然界の姿です。
つまり、せっかく苦労して古木に作ったつもりが、逆に若木に逆戻りしていることになります。
以前に国風展の苦言を呈していた高名な方がおりました。
この方の趣旨は、「棋元や幹模様は、占木の相があってよいが、頭は若木」というもので、筆者も同感です。
お好みへ、  TOPへ >  戻る