TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真ガンジス河の夜の祈り
パンジャブ州ヴァーラーナスィー



ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
ガンジス河の夜の祈り
毛玉もちタイプが我が家のゴールデンには、少し頼りなく感じました。
使い方も荒かったのか何回か梳いたら変形してしまいました。

大型用で丁寧にとかしてあげた方が家の子には合っているようです。
おかげ様で驚く程の死に毛が取れ、2周り位細くなった感じですし、
なでてあげた手触りが柔らかくなりびっくりしています。

商品を試してみました。
夏に向けて毛をだいぶすいていたので思ったほどの量は取れなかったんですが、今まで使っていたブラシより良いなぁって思ってます。
ホントに持ち手がとっても楽ですね。
力がいらないしいろんな持ち方ができるので、細かい所も梳かすことができました。

日頃からまめに被毛の手入れはしていましたが、
このペット用品を使っての被毛の手入れは被毛のすっきり具合が全然違いました。
使い易いし、何より愛愛しの忠犬(さくら)も気持ちよさそうにしています。

友達の愛しの忠犬(チェリーちゃん)ですが、毎日被毛の手入れしている訳では無い為抜け毛も多く、かためのペット用品の方が良いようです。
同じGRでも毎日被毛の手入れをしていなかったり、屋外飼いであったり、毛質が固めの子はかためのペット用品の方が良さそうですね(;^_^A
いわゆる『猫っ毛』の子にはやわらかめの方が向いているようです。
GRの様に軽い毛質の愛しの忠犬種は飼い主の飼い方とその子の毛質で個体差が有るようです。

一概に『GRだからこっち!』って事は無いようです。

ウチはやわらかめのペット用品が大変気に入り、部屋でTVを見ながら一緒に寝そべって梳かしたりしています(#^.^#)
ウチの子(きなこ)はペット用品で梳かされるのがとっても気持ち良いようです。
時折寝息を立てています(*^_^*)

サクッと根元まで届きそのままススス~っと櫛が進みます(*^_^*)
室内でテレビを見ながら撫でる感じで全身のグルーミングが出来ます(*^_^*)
特に感動したのが、耳・顔・足等短毛の部分や耳の裏の毛に至るまで全てが綺麗に梳かせる事です。o(^▽^)o

ペット用品は今迄の不満を全て解消しただけで無く、顔の細部までブラシが掛けられ、ウチの子も気持ち良さそうに目をトロ~ンとさせて「もっとやって!」と要求してきます(#^.^#)
まさに『こんな商品欲しかった!!』って感じです(#^.^#)

私は被毛の手入れの際最後に必ず逆方向から梳かすのですが、その際も毛がサラサラサラ~~っと流れ落ちながら櫛目から綺麗に出る姿に感動!です。

表三分に裏七分。
これは猛樹の枝や葉のことを言い表した言葉で、昔のオヤジが風呂からあがったところを想像してください。
昔の男衆は風呂あがりにドテラを着用したものです。
ドテラは寝巻によく似た和服で、背中を重点にした着物ですから前にはなにもありません。
丸裸では格好がつかない。
そこでフンドシや腹巻をしたのです。
これを真上から見ると、表(正面)に三分、背中(裏)には七分となるわけで、ボンサイの枝や葉もこのように付けるとよいのです。
筆者は松などの針金かけの場合「これは裏だから枝は多く付けるが、表になにもないとスッピンに見える。
そこでプラジヤーとフンドシを付ける」と解説しています。
ビギナーが針金かけで最初に突き当たるのが、枝は左右に割り振りするが。
前と後ろの枝を邪魔にすることです。
左右だけに枝があって前後にないものは、鰈の骨のように見えることから、「アバラ骨作り」となって失敗します。
前校は後ろ枝より短いものがよく、ブラジャーとフンドシとは言い当てて妙と思います。
前後に枝のないアバラ骨作りは、小品盆栽に重要な「奥行き」もなく、薄っべらになって価値は下がります。
お好みへ、  TOPへ >  戻る