TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真ガンジス河の朝
パンジャブ州ヴァーラーナスィー



ガンジス河の朝
ガンジス河の朝
ガンジス河の朝
ガンジス河の朝
ガンジス河の朝
ガンジス河の朝
ガンジス河の朝
ガンジス河の朝
ガンジス河の朝
早速、我が家のわん(トム)に試してみました。
トムの毛は短く、ブラシではあまり抜けなかったのですが、ペット用品で梳いたところ、かなりごっそり抜けてびっくり。
トムもとても気持がよさそうでした。

ただ、トムの場合、コームが目に入ると、玩具だと思って遊びたがってしまうので、そこのところをうまくやらねばと思いました。
(しかし、それはブラシでも一緒なのです ^^;)。

本日品物が届きました。早くてビックリしてしまいました。
さっそく使用してみました。
シェパードの毛(下毛細い毛)は気持良くとれました。

ペット用品だと外側の固い毛にはそれほど対応しないのでしょうか?
外側の毛は触るだけでたくさん抜けるのに
なかなかピンブラシで取れてくれないのが悩みです。

でも、下毛細い毛がたくさん取れたおかげで
シェパードの体は少し楽になったような感じに見えます。
もうひとつ欲を言うならば、もち手の部分がもう少し広いと
持ちやすいかなぁ。
でも、良い買い物をしたと満足しています。

商品は大変気に入って使っております。
抜け毛がまわりに飛び散らないので、手軽に使えますね。

ピロコ-ム早速使っています。
もともと被毛の手入れを嫌がる子ではなかったのですが、使い易さ+取れた毛が飛ば ない事に大満足です。

 実物を見たところ思っていたより小さいし、金属の部分が長いのでうちの愛しの忠犬の毛の 多さに変形しないかと心配になりましたが、とても丈夫で安心しました。(ステンレスピン)
今までスリッカーブラシを使っていましたが、首の周りの分厚い毛は奥までとけていない感じがしていましたが、これなら奥深く入っている気がします。
特に毛を掻き分けながらとく時、スリッカーブラシの時は自分の手にブラシが当たって痛かったのですが、ペット用品なら当たっても痛くないので安心して使えます。

使用中に毛が本当に舞わないんですね。
以前なら被毛の手入れの後自分に着いた毛を取るのにコロコロをかけたりして面倒でしたが、そんな手間がいらなくなりました。

コームに穴が開いているので収納で引っ掛けれるので便利です。
ペット用品気に入りました。

四国愛しの忠犬には、固めの方を使いましたが、
とても気持ちが良いらしく、お腹まで見せた程です。

サルスベリは病気に弱い欠点があるので、梅雨時期には多発して愛好家を悩ませたものである。
この優れたサルスベリから、実生によって作りやすくかなり丈夫なタイプが選別され、現在の小品小品盆栽の素材として使われている。
素材の入手は容易。
小品盆栽店か、各地の小品盆栽会に問い合わせされたい。
優良なタイプの素材が出回っているので、安心して求められる。
病気の予防。
サルスベリの小品小品盆栽は素材にポイントがある。
一股的に使われているのは庭木になっている、普通サイズのサルスベリではなく、やや矮性の一才性が多い。
アメリカのコーネル大の開発とされている、一才サルスベリの選別種である。
この一才性は花色も多彩、赤、紫、ピンク、自、などがあり、実生の一隼生で開花する「本物の」 サルスベリの小品盆栽化にはまず、病気の予防が肝心である。
特にウドンコ病が出る。
出てからでは止まらない。
芽が伸び出したら、2-3週間に→回ほど殺菌剤を散布する。
サルスベリは頻繁に芽摘みをくり返して仕立てる。
梅雨の頃も芽摘みした後、若い芽がつねに伸びている。
こうした新芽が病気になりやすい。
枝作りに入った街などは殺菌剤を替えるなどして、10、20日に一度くらい予防する。
こうした予紡ができない場合は良くない。
お好みへ、  TOPへ >  戻る