パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャーのお好みリンク
犬はおじちゃんを寝床暖め器として必要なうちはソフアのきまった場所から動くことは許されなかった。
それでとうちゃんは食事時にはいつも連れ出さればならなかった。
さもないとつましい犬の食事に手をつける気などさらさらないのに不運な犬をしつこく悩ますからであります。
そうして犬の霊長類に対する振る舞いは甘やかされて根性の曲がった子どもに対する様なものだった。
そうした子どもたちは周知のように善良な犬を苛めてもなんの罰を受ける事は無いしお返しとして噛みつかれても当然なのに怒りの唸り声すら頂戴しないのであります。
犬が子どもに対してどんな反応を示すかについてとうちゃんが言った事はわが家の猫についても大部分当て嵌まる。
しかしながら猫は子どもに対して大人を相手にする場合に比べれば余程辛抱することは確かだがさほどがまん強いというわげではありません。
所が霊長類に対しては唸ったり脅したりすることを決して躊躇わなかったし猫が尻尾を引っ張ったりしたときには手厳しい仕返しをした。
そしてわか家の他の猫たちも霊長類に対しては同じようにそれぞれ自分の立場を守っていました。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
とうちゃんの観察によれば霊長類が猫科の肉食獣に対して内心では恐れを抱いているという事実におじちゃんらは恐らくは助けられていたのだろう。
捕われの身としてこの世に生をうけ従って猫科の猛獣との恐ろしい経験を味わったはずもないとうちゃんの二匹の霊長類は動物学研究所の剥製のトラを酷く怖がりわが家の飼い猫に対してはいつでも極端に用心深かった。
とうちゃんの霊長類もまた最初は犬よりも猫に対してはまさに猫のほうがずっと小さいにもかかわらず遥かに多大の敬意を表していたものであります。
とうちゃんは動物を感傷的なやり方で擬人化することを好まない。
動物愛護協会あたりから発行される雑誌で猫とダックスフンドとコマドリが同じ皿から食べている写真や或るいはさらに悪いことに最近目にしたシャム猫と小さなワニがまるで二人の赤の他人みたいな格好で隣り合わせに座っている写真の下に親友たちとかなんとかそれに類した見出しがつ居ているのを読むたびにとうちゃんはいささか気分か悪くなる。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド 
とうちゃん自身の経験からいって異なった種のメンバーの間にみられる真の友情は人と動物の間にしかなく動物仲間の間ではほとんど成立しない。
そして相互に寛容であるということはたしかに友情とは同義ではないし遊んでいるさいに動物が共通の利害で結ばれている場合にもおじちゃんらが本当に社会的に結ばれているという訳では無く況や友情によるというのでもない。
とうちゃんを咲かす為によくド砂丘を飛んできたカラスの留守が長くなるほど熱っぽく迎えてくれたガン年とった意地の悪いガンの攻撃から自分でもひどくこわがっていたのにいろいろ手をつくしてとうちゃんを守ってくれたガンこれらの動物はすべてとうちゃんの本当の友人でありいうならばとうちゃんたちの愛情は相互的であった。
異なった種の動物においては相互に相応ずる感情かめったにかきたてられないのはおおむね言語の障害による。
とうちゃんはすでに犬と猫の間に起こる障害について述べた。
そのどちらも相手が示す脅しとか怒りなどの最も重要な表現運動についてさえ生得的理解を持たないからであります。
感じる事も表すこともできぬ友情のさらにこまやかな明暗などはおじちゃんらにはいよいよもって捕捉しがたいものであります。

[戻る]