TOPへ戻る
ムガル帝国写真

ムガル帝国は




ムガル帝国写真

ーータージマハールーー

タージマハール 1

タージマハール 2

タージマハール 3

タージマハール 4

タージマハール 5

タージマハール 6


ーーアグラフォートーー

アグラフォート 1

アグラフォート 2

アグラフォート 3

アグラフォート 4

アグラフォート 5

アグラフォート 6

アグラフォート 7


ーーファテープルシークリーー

ファテープルシークリー 1

ファテープルシークリー 2

ファテープルシークリー 3

ファテープルシークリー 4

ファテープルシークリー 5

ファテープルシークリー 6


ーーデリーーー

デリー 1

デリー 2

デリー 3

デリー 4

デリー 5

デリー 6

フマユーン廟 1

フマユーン廟 2

クトゥプミナール 1

クトゥプミナール 2

ラージカート 1


ーーデリーへの道ーー

デリーへの道 1

デリーへの道 2


ラジャスタン

ーーーアグラからジャイプールへーー

ジャイプールへ行く道 1

ジャイプールへ行く道 2

ジャイプールへ行く道 3

ジャイプールへ行く道 4


ーーージャイプールの街ーー

ジャイプールの街 1

ジャイプールの街 2

ジャイプールの街 3

ジャイマハール 1


ーーーアンベール城付近ーー

アンベール城付近 1

アンベール城付近 2

アンベール城付近 3


ーーーアンベール城ーー

アンベール城 1

アンベール城 2

アンベール城 3

アンベール城 4

アンベール城 5


ーー風の宮殿ーー

風の宮殿 1

風の宮殿 2

風の宮殿 3

風の宮殿 4

風の宮殿 5


ーージャンタル・マンタル天文台ーー

ジャンタル・マンタル天文台 1

ジャンタル・マンタル天文台 2

ジャンタル・マンタル天文台 3


ヴァーラーナスィー

ーーーガンジス河の朝ーー

ガンジス河の朝 1

ガンジス河の朝 2

ガンジス河の朝 3

ガンジス河の朝 4

ガンジス河の朝 5

ガンジス河の朝 6

ガンジス河の朝 7


ーーーガンジス河の夕ーー

ガンジス河の夕 1

ガンジス河の夕 2

ガンジス河の夕 3


ーーバナーラスーー

バナーラスの街 1

バナーラスの街 2

バナーラスの街 3

バナーラスの路地 1

バナーラスの路地 2


ーーサールナートへの道ーー

サールナートへの道 1

サールナートへの道 2

サールナートへの道 3


ーーサールナートーー

サールナート 1

サールナート 2

サールナート 3

サールナート 4

サールナート 5

サールナート 6


ーー夜汽車の風景ーー

夜汽車の風景 1

夜汽車の風景 2

夜汽車の風景 3


霊長類の目の生理はまさしく人間の目に似ている。
霊長類の場合にも目は周囲の対象に焦点を合わせるのに同じ機能を果たすように頭蓋の中で真っ直ぐ前方を見詰めるのに都合のよい位置を占めている。
霊長類はあくことのない好奇心の持ち主でありしかも他の動物との交渉で如才なさや外交的配慮を示すことがない。
そのため高等哺乳類とくに犬や猫にとってはひどくその神経にさわる。
それらの動物の霊長類に対する反応の形は人に対する態度を忠実に反映している。
人に対して素直で従順な犬は小さい霊長類のうちでも最も小さなものにさえ完全に言いなりになる。
とうちゃんは例え最も強くて野蛮な犬であってもそれから霊長類を守ってやらねばならぬという事は無かった。
反対に屡犬の側に立って割って入らねばならなかったのであります。
とうちゃんが飼っていた小さい霊長類は疑いもなくそれなりの流儀で犬を愛してはいたのだがおじちゃんをウマにするか湯タンポにするかして利用していました。
しかし犬がこの生意気な小さい生き物の意志に些かでも逆らう素振りを示そうものならおじちゃんはすぐさま殴ったり引っ掻いたりして懲らしめた。

お好み  TOPへ