TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真デリー
フマユーン廟



フマユーン廟

フマユーン廟

フマユーン廟

フマユーン廟

フマユーン廟

フマユーン廟

フマユーン廟

フマユーン廟

フマユーン廟

フマユーン廟

フマユーン廟


我が家のコリーは、3ヶ月半になり、10キロ以上になりました。
もともとおとなしい性格のようなのですが、ペット用品はさほど嫌がらずさせてくれます。

ブラシやくしだと、後片付けが大変ですが、ペット用品は、簡単で扱いやすく気に入っています。

お友達もこれなら使えそうだ!と
気に入ってくれたようです。

ペット用品の使い心地に満足しました。
特に、毛がごっそり取れるのに飛び散らないのがいいですね。
私はこれの前に毛がごっそり取れる道具を大々的に宣伝していたので買いましたが、
使いごこちが悪いのか愛しの忠犬が嫌がりました。
こんな単純にみえる道具でこんなに機能的に優れているとは使ってみないとわからないでしょう。
私は我が家のハスキー愛しの忠犬(5歳)2頭と後何年一緒に暮らせるかしらといつも勘定していますが、
このペット用品で毛を漉いてセーターとまではいかなくてもクッションぐらいは作って記念にとって置きたいと思っています。

さっそく試してみたところ、今まで使用していたブラシよりも抜け毛が取れました。
いつもは途中で痛くなってしまうのか逃げていた愛しの忠犬も
うっとりした顔で被毛の手入れされてました。
愛しの忠犬も私も大満足な一品でした。
何時もは物凄く嫌がるのですが・・・
よく取れるんですがブラシッシングが嫌なので最初から逃げ腰でした。
でも、根気よく使って行きたいと思います。
ピコロームめちゃ良かったです。
おもいろいほど
毛がぬけて・・・

ツクシカラマツは丈夫で作りやすく良く殖え、また花期が一ケ月以上もあり、梅雨時(6-7月)に繊綱な花を楽しませてくれます。
昔から作られている山草のひとつだと思い ます。
培養管埋。
用度は赤玉土5-4、砂(富士砂、桐生砂など)4-3、ケト土2-1 (荒くくずして)の割合にしています。
繁殖は、花後または2、3月に株分けします。
小さなサトイモ状の根を綱かく分けて、並べて植えていきます。
根が小さいので、石付きにしたり、小鉢、浅鉢に植えやすく、作業しやすいのも特徴のひとつです。
1年おきくらいに植え替えをしていくと花付きも良く、根腐れも少ないようです。
春から開花までは良く陽 に当てるようにします。
あまり暑さに強くないので、花後から秋口くらいまで半圓陰の方が作りやすく株も充実します。
花後に少々葉がいたんでも、灌水、肥料を十分にし施せぼ、翌審にはまた元気に発芽します。
肥 ます呵病害虫はあまりありませんが、赤ダニが付きやすいので注惹して、薬が黄色ぼくなったら薬剤散布します。
ツクシカラマツは、丈が低いので石と良く調和します。
一般的には、鉢の中に石を配して、植込むのが多いのですが、電眼石や、鞍馬石などに付けるのもよく合い、特徴を出すことができます。
平石でなく童眼石のようなものの石付きは、春3月頃の方が根の廻りが良いと思います。
お好みへ、  TOPへ >  戻る