TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真ファテープルシークリー
パンジャブ州アグラ南西。



ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
今、里帰り出産の為に、預かっていてペット用品を使えるようになってウハウハです。
それがまた、預かった時点では、この世のものと思えないような見事な毛板(毛玉ではなくて毛板)をたくわえていてその毛板の厚さたるや、10cmという前代未聞のものでした。
半月ビッチリ時間をかけて、全て取り去りやっとペット用品が通るようになったんですよ。

ビアディは普通、毛玉がひどくなると丸刈りにしてしまうんですが刈らなくてもここまで出来るという、いい見本になったようです。
まずは毛玉を作らないことが先決なんですけどね。

ペット用品~~
さっそくサクサクやってみましたー
いいっ! とってもいいよ~~サイコー♪
なにしろちっとも嫌がらないんだよ~ううう(嬉し泣き~)

とっても良いですね!
今まではコーミングで腱鞘炎になりそうでしたが(笑)
これからは楽々です^^v
ムーンも、痛くないのでお手入れを嫌がりません。

使い心地は想像以上に快適です。
ウチにいるグローネンの男の子、柴の男の子共に、皮膚を傷つける事もなく簡単に、安全に余分な被毛を取る事ができました。
満足です。(^^)
毛はとても短いのですが抜け毛がすごいです。
今まで毛が短いのでシャンプー用のブラシ以外ではほとんどとかしたことがありません。
ボストンテリアは短毛だけれど抜け毛は本当にすごいです。
HPにのっているのは毛の長い仔が多いのですがうちの愛しの忠犬のような仔にもつかえるのでしょうか。

うちの子にもあってくれたらいいのですけど・・
そもそもこういう愛しの忠犬種にはどんなブラシを使ったらよいかもよく分かっていないのです。

うちの愛しの忠犬ではやはり毛は取れませんでした。

けれど実家のほうで飼っている12歳のシェルティ(シェットランドシープドッグ) にはよさそうかも知れないと思って、プレゼントをしてあげたくなりました。

小品盆栽という千変万化の形のアンバランスなものの美を発障させるには、むしろこのようにやわらかみに包まれた中の左右対称のきちっとした造形が良いのではないか。
このことほ日本の著名の陶芸作家が依頼を受けて製作した小品盆栽鉢が、陶芸的には優品と見られるものの、我々小品盆栽人の心にはA二つの感をいだかせる場合が多いことからも理解できるのではなかろうか。
自交肚は明治の図版から昭和九年伊東伯遣愛小品盆栽入札目録、昭和十年郷男爵家所蔵小品盆栽展観図録に至るまで、あらゆる樹種、それはマツ類、雑木花木を問わず使われ、形もまたさまざまな、現在までみられる自交肚のほとんどの形が登場している。
観賞上もきわめて幅と深みのある使い方がなされていたのである。
現代は、当時に比較して盆鉢の形も種類もさして多様化している訳でもないのに、自交肚は雑木用の鉢ときめてかかっている向きが多いのは誠に残念である。
特にこれからは、観賞や普及を図る立場になる入々が、自交肚とマツ類との取合いをその根本から理解して、初心者を多様な鉢使いや観賞法に導いてくれれば、小品盆栽趣味の楽しさ深さはさらに増すであろう。
とにかく自交肚という一種を把握することは、小品盆栽鉢の半分を理解したに等しいほど重要なものであ一ることだけは、事実である。
古陶磁界の交肚と小品盆栽界の交畦とは指し示す紬薬が異なる点に注目したい。
古陶磁界でいう自交肚焼とは、明から清初にかけて緑・黄・紫の三彩を施紬した軟陶のことで、作品は、こうす合子や小壺等小さいものが多く、日本と支那と南方諸国との交易船すなわち交肚舟で日本に渡来したので交肚焼の名称となったものである。
産地は北方窯から広東に至る南方窯までの広い地域で焼成されたもので、紬はぬり重ねのはっきり解かる透明粕である。
その同じ交班船で不透明粕を厚く黄自土の胎土に施した宜興窯焼成の小品盆栽鉢が渡米し、これが小品盆栽界における交班の名称の元となったのである。
不透明粕つまり小品盆栽界における交肚粕は、自・黄・青等がありそれぞれの色を冠して自交肚、黄色交肚と称するのである。
お好みへ、  TOPへ >  戻る