TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真ファテープルシークリー
パンジャブ州アグラ南西。



ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
使用してみましたが、評判通りとても使いやすく、また毛も散らずに面白いように取れるのでびっくりしています。
いままでは被毛の手入れがあまり好きではなかった我が家の愛しの忠犬も、気持ちよさそうにしていました。

ブロンズのペット用品を使っています。
以前よりブラッシンク゛を嫌がらなくなりました。
毛の取れ具合は、だいぶアンダーが抜けていた事もありすごく取れるわけではありませんでしたが、確実に死毛が取れますし、取れた毛が舞わないのが嬉しいです。
でも、少し強く引っかいてしまい1本まがってしまいました。(-_-;)

ピローコームの取れっぷりはすごいです。
サクサク、おもしろいように抜けますね。
うちのワンコもだいぶすっきりとして、「あら、やせたね?」と周りの人から言われるほどです。
とくに、オシリ周りのもさ毛が、だいぶ取れました。
今までは、からみやすいし、ワンコもそこは嫌がっていたので放っておいたのですが、 そこを集中的にペット用品したらたっぷり取れました。

もともと被毛の手入れが嫌いなんですが、やわらかめの方は、無事クリア!!すご い。
かためは、ちょっと逃げ逃げでした。
でも、すーっとブラシが通るようになると、うっとり眼になってきて、なんと寝てし まいました。
本当に噂通りのすごさです!

ステンレス製のペット用品、多少の毛切れや引っかかり感を伴いますが、しっかりと 下毛細い毛を回収しながら、かつ解きほぐしながらグルーミングが出来て助かっ てます。
以前まで使っていた市販の毛玉取り→毛カキ→ピンブラシの行程が、ペット用品だけ で出来るし後片付けも毛が飛び散りにくい分、大助かりです。

ブロンズ製のペット用品、こちらだと毛切れや引っかかり感が無く金属の特性の違い だけで、こうも違うものかと感心しました。
まるでピンブラシ→スリッカーブラシ→コームの行程をしている様な感覚を実感して います。

ピンのしなり具合等で、現在使い分けながらのグルーミングをしていますが、どちら も用途に合わせて大変便利で重宝しています。

これまでのグルーミング用に揃えてきた物が、二種類のペット用品だけで解決してし まいました。

機能・効率・大きさ・価格・メンテナンス・後片付け等を考えると、革新的で大変満 足して使わせて頂いてます。

ピンの形も使ってみて、なるほどっと感心しました。
?マークの先端形状、ピンのしなりを考えての長さ・太さ、ピンの間隔、ピン先の角 無し加工、全体の大きさ、ピンの素材による違いも本当に良く考えられていて、紹介 して頂いた方にも作られた方にも感謝しています。

説明書やHPの通りの効果と効率の高さに、正直、作り手の気持ちが伝わってきて、 嬉しくも感じました。
ペット用品の仕上がりや加工も、丁寧な物で質実剛健、虚栄的な部分が無い点、サイ ズも使い手使われる側の事を大切に考えて作られてるなぁと感激してしまいました。

黄自土の胎土は小品盆栽界において人形土と呼ばれ、き、割にも良ー古来尊ぼれている.、時代が下がるにつれ一、、胎土が普通の紫泥や朱泥に変わってきているので、時代も古渡とそうでないものの判別はしやすい。
三点共それぞれに自交肚の特色の良くでた作品である。
南宋の青磁の名窯竜泉窯に対比して存在したとされる哥窯の作品の清の発正・乾隆時代(一七二三~一七九五年)頃の彷製(写し)である。
珍しく生穴の、つまり最初から小品盆栽鉢として製作された作品で、おそらく胎土の厚みより厚いのではないかと思われる自磁の穂は、表面がちりめんのように小さく波打ち、見事なまでの大貫入(氷裂)が無作為に走り見る者の想像をかきたてる。
今はなき神田・東京古民具骨董館の小さな店の片すみに薄くほこりをかむって恥た。
これを見い出した時の蔵者・の胸の高鳴12が聞こえるような鉢である。
栴恥景徳鎮系め窯と后われるがひ。
中国の徳鎮の所在地が、もと饒州府に属していたの'.・この名があるという。
鞭前は徳化窯の作と同じ名称で南京自吉回麗隅切長方の名を以て、昭和→八年杉本佐七翁編の樹鉢水盤陳列大会記念帳に牛込の窪寺惣作氏がこの鉢を出品している。
戦後は四六回国風展に横浜の炉茶の実会がぼけを納めて出品している。
やわ らかい感じの自紬は小さく表面に貫入が走り古薩摩の肌を思わせ、粕下のずじ刻が品よく夏草と蝶を浮かびあがらせている。
三味胴といわれる形で普通の均窯の同形を時おり見かけるものである。
紫泥の胎士に自磁に用いる自粕を施したもので派手さはないが数の少ないものである。
中渡り。
お好みへ、  TOPへ >  戻る