TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真ファテープルシークリー
パンジャブ州アグラ南西。



ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
ファテープルシークリー
家のボーダーは被毛の手入れなど嫌がって大変でしたが、ペット用品にしてから多少抵抗するものの、以前より大人しくしてくれるようになりました。
また、下毛細い毛の取れ方が半端じゃなく嬉しい限りです。
お手入れ後、私の服に毛があまり付かなくもなりましたし、ペット用品様様です。

うちのワンはショードッグのボーダーのような毛ぶきのゴージャスさはありませんが、毛の艶とサラサラ感ではどの子にも負けません。

それに一緒にゴロンチョして転がってもワンの毛が衣服に着くこともほとんどないのが自慢です。

ペット用品は、とても気に入りました。
使いやすくて、いっぱい取れて大満足です。
お友達愛しの忠犬にも、お薦めしようかと思っています。

先日オフ会があり、お友達のワンちゃんの
被毛にペット用品を入れたらゴッソリ下毛が取れてビックリでした。
お友達も毎日ペット用品してるというのですが、
やはり女の子の方が下毛が多いのでしょうか?(笑)

ウチの父ちゃんなんて大喜びでピロピロしていました。
うちのワンはあんなには抜けませんもの・・・。

先日、購入させていただいたペット用品、
大活躍させていただいております!

我が家は4頭のボーダーコリーと、ヨ-キーの大所帯です(笑)
抜け毛対策には、頭を痛めていました。
ホントによ~く採れて、楽しいです。
母に,紡いでみればぁ~?? なんて冗談も言えるくらい(^▽^)

家の愛しの忠犬達も、とてもペット用品を気に入ったみたいです。
今まで、スリッカーを見るだけで隠れていたのに、
ペット用品を見せると自分から寄ってきます。
毛を梳いていると目がトロンとしてきて凄く気持ちよさそうにするんですよ。
不思議です(^O^)

  ∩ ∩
( ^ ^ )

きょうワンはペット用品使用後、はじめてのシャンプーをしました。
そしたらね、もつれ毛も余分な下毛もぜんぜん無いから
乾くのが速いしどんどんサラサラ&ゴージャスになっていって
感激したよ~。
ワン、ビアデットコリーみたいだぁ~!!
ふんわり木酢のいいかおり(笑)。やっぱペット用品いいっ!

買っちゃいました。ペット用品。
注文。昨日、我が家に商品到着!
早速使ってみました。
産後で、毛がわっさわっさ抜ける時。
取れるヮ、取れるヮ!!
でもって、いつも使っている櫛より
気持がいいみたい。

被毛の手入れ中、ウトウトして寝ちゃいました。

徳化窯は福建省の徳化縣にあり、 自磁を主として焼成している。
神仙 及び佛像の類が有名で秀炉・瓶・壷 から日用雑器まで娩いているが、詮 栽鉢はほとんど見られない。
この両 者も筆洗の後穴である。
お客様 は原型を胎士で造って、まだ生乾き の時土でできた模様の彫ってある型 にかぶせて手の平で叩いて形を整え る製法で、これを印花という。
強い光で透かすと光が見えるほどの薄く透明感のある徳化窯特有の良さが見られる鉢である。
り⇒は形で作ったかにを泥鋸で貼りつけた面自い鉢である。
国の暗花と掲の刻花、㈹の印花、㈹の貼花は支郡の浮模様の代表的手法である。
(参考昭和十九年北原出版 支郡古陶磁の観賞)昔から徳化窯や場合によっては、饒州窯をふくめてこれを自高麗と呼んでいるがこれらは中図の焼き物で高麗は朝鮮の地名なのでおかしな名称となっている。
縮識鉢において自高麗・紫高麗の名比較的大きい。
荒けずりのような作の中に特有の味のある鉢である。
明治初期の偉大な財界八であったことは、盆燐小鉢の面自味迎にくわしい。
右腕となって活躍した財界人の余技として、瀬戸の陶工を抱えて焼いたのが小野窯の鉢である。
磁器または半磁器のろくろ式丸鉢が多くほとんど施穂したものである。
この鉢のように胎士そのもので成型し仕上げたもので、大きさもこれほど小さいものは、唯一のものではないかと思われる。
支郷鉢の南康にも上職をかけない無穐の鉢として、戦前のご伯が愛してやまなかった自南京浮刻無頽長方に水盤が有名であるが、この鉢も箱書にある。
戦前から戦後にかけて小品盆栽愛好と収集の中心をなした旧蔵贔で、現蔵者へと継がれたものである。
天正年閻開窯と思われるが、江戸中期大和郡山城主柳沢莞山候が「赤ハタ」や「赤膚山」。
印を下賜したことに由来する名という。
小品盆栽鉢がいつ頃、誰の代にどのくらい作られたかは、不明である。
落款は「赤ハタ」「赤膚」「赤膚山」の順に古いと言われるが無藩款のものもある。
この鉢は戦後の水曜会の大会に緑紬の鉢の一対になって出品されたものを。
蔵者が所有したものである。
お好みへ、  TOPへ >  戻る