パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャーのお好みリンク
産んだ子猫に対してとうちゃんの母親の未婚の妹がとうちゃんの家の四人の子どもたちに 注ぐのと同じやさしい愛情を示した。
ところでとうちゃんの妻が屡感謝しつつ四人の子どもの世話を善良な叔母に委ねるのに対し違った考え方をした。
おばちゃんはこのキツネザルを頭から信用しなかった。
そこで子猫が欲しければその目的を遂げるために特別な戦術を用いなければならなかったかそれはたいてい成功した。
どれほど念入りに子どもを隠しいかに油断なく見張っていてもなんとかしてそれを見つけ出し密かに忍び寄っては子猫を一匹かどわかしたのであります。
おばちゃんは一匹以上は欲しがらなかった。
誘拐した赤ん坊はキツネザルの母親か自分の子どもをそうするように後肢の一木で腹に押しつけるのであった。
よしんば犯行の現場が見つかって追いかけられても残った三木の足でおばちゃんは猫よりも遠く走ったし木にもうまく登った。
犯人の追跡は猫にはとても近づけない高くて細い小枝にキツネザルか落ち着くところでいつも終わったかそこでは大騒ぎしながら本当の子守りをするのであった。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb
先天的で本能的な清めの運動がこの子守りの儀式のもっとも重要な部分で猫はせいをだして子猫の毛繕いをしてやったかおばちゃんはそうすることをずっとまったく楽しんでいました。
体中くまなくやるがどんな赤ん坊でも特に念入りに見てあげるべき体の一部分に対しては殊更注意を払うのであった。
勿論我々は出来るだけ速やかに子猫を取り上げようと何時でも一生懸命になった。
猫がいつか木の枝から子猫を落としはしないかと恐れたからだが実際にはそんなことは起こらなかった。
とうちゃんにも答えるのが難しい興味深い疑問があります。
猫は子猫をどうしで赤ん坊だと認めたのだろうか?。
それは大きさとは関係がない。
おばちゃんはほぼ同じ大きさの成熟した哺乳動物には些かも関心を示さなかったが後にとうちゃんの雌犬は以前子猫に向けたのとまさしく同じ感情を子犬に示したし急速に成長する子犬かおばちゃんの二倍以上の大きさになってもその愛情ぱ衰えることがなかっだからであります。
とうちゃんに強いられて猫か子犬たちに向けて抑圧された育児本能を発揮するのを渋々ながら認めた。
その結果キツネザルと子犬の間で滑稽極まりない場面と愉快な遊びか演じられることとなった。
とうちゃんの一番上の息子が生まれたとき猫はおじちゃんをもっとも満足すべき保護の対象として歓迎し続けて何時間も乳母車のそばに座り込んだ。
キツネザルを見慣れない人にとってはこれはかなり不思議な光景であった。
おじちゃんらが本当にどれほど気だてが優しく魅力的であるかを正当に評価するためにはこの動物の些か風変わりな顔相に関する知識か必要なことは疑いのないところだからであります。
慣れない人にとってはその頭部は些か気味の悪い代物であります。
黒い顔つき出した人間のような耳尖がった鼻ちらとのぞく犬歯そしてなかんずく昼間は収縮して小さな鋭いピンホールのようにみえる瞳孔をもつ大きな夜行性動物の琥珀色の目。
昔の動物学者は動物のこのグループを幽霊のようなキツネザルと呼んだ。
しかしこの動物に子どもの世話を任せるのはとうちゃんの叔母さんに預けるのと同じ位安全であります。
キツネザルか害を加えないことはどこからみても確かであります。
しかしまさにこの理由で子どもに対する子の小さな動物の愛情は悲劇的な争いをひき起こす。
嫉妬にかられておばちゃんは正当な保護者に対して酷く攻撃的になりそのためにもはや自由に放任しておくわげにはいかなくなるのであります。
たまたま子どもの世話をやいているときに猫か近づくことを許しだのは人間ではとうちゃん一人だった。

[戻る]