TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真デリー




デリー

デリー

デリー

デリーのアラーイーの塔

デリーの鉄柱Iron Pillar

アラーイーの塔はクトゥプの塔よりも高い塔を作ろうとした。
失敗した残骸の基礎部分。

この鉄柱Iron Pillarは錆びない。
この地は空気が汚れていないために錆びないのだと言う。
毛玉もち、使いました。
ふわっと仕上がるようで、なかなかいい感じです。

早速使ってみました。
シーズー2匹います。
1匹はいつも嫌がってやらせてくれなかったのですが、
ペット用品は全然気にならないようで
おとなしくしておりました。

早速ペット用品を使って見ました。
愛しの忠犬にも負担が少ないのに、
被毛の手入れもきちんとできていて
とても満足しております。
ウチのゴールデンで試してみたら、驚くほど抜けました!
今までのピンブラシでは中の方までは届いていなかったのでしょうね。
チワワ1頭分ほど抜けたので、記念写真を撮ってしまいました(笑)

ワイアー・フォックス・テリアはアンダーを抜き取る愛しの忠犬種なのですが、
トップコートを傷める心配がなくてアンダーだけ抜けるのでこの愛しの忠犬種に必須アイテムだと思います。

さっそく使ってみましたが、
想像以上の使い心地と、毛の抜け具合です(^^)
くしの部分がソフトで、皮膚にあたっても痛くなく良い感じです。
ワン達もいやがらないで、とかさせてくれました。

使い慣れればさらに、良いと思います。
さっそく試してみたところ、ラブラドールは、毛質のせいかあまり効果が見られませんでした。
が、セントバーナードの方は驚くほど抜け毛が飛び散ることなくとれました。
今までどんなブラシを使って念入りに被毛の手入れしても、愛しの忠犬が身震いをするたびに、首周りの密集した細い毛が部屋中に舞っていたのですが、ずいぶん少なくなりました。
掃除機をかける回数も減りそうです。

銘款は時代・産地・作者の判別のいずれにも欠かせない要点である。
古陶磁の世界に」おいて自色の器といえぱ、問題なく自磁であろうが、小品盆栽界においては自交蹴に尽きる。
あのとろっとした黄味がかった乳自色の軸は、どんな慰物にもどんな蹄り場所にも、調和してしまう不思議な魅力を持っている。
自交蹴は支郡の器物でありながら、日本人の感性にぴったりくる阿かを昔も今も持ち統けているのである。
支郡の陶磁と日本の、あるいは季朝の陶磁とを論じる時、誰もが必ずあげるのは次のことである。
支郡の陶磁器の這形慇覚は、徹底して完全主義を目ざしていることである。
陶磁という土を厩料としながら、その完成されたものは、玉をも越えるものを這ろうとする。
そして丸いものは丸く、、四角いものは四角く左右対称に、見事なまでに這形されたものをよしとするのである。
このため一工程を負う工人は縄の代から子の代まで、その工程だけに携わる工人となり、「つの器物に多くの工入の工稜が加わって、一つの完暎されたものが倖出されるのである。
責磁を作れば、そのもっとも完成された色謁に卓雨過天晴4と老づける明膵さ、明るさが最大の特色である。
日本の陶磁の芙の原点はこの。
美を。
味わい4と書葉を簪える摘塞惟にある。
今NHKで放映中の,独眼竜政{示'の小田原出障の景にも百騎の供と共に茶道具を持参する話が出 てくるが、中同から伝来した焼杓に、さらに季朝のものも加わり、日本題慶の発展を馳るが、そのよしとする美の原点は、当時の茶の湯の宗組たちの陶器に対する観賞観であろう。
お好みへ、  TOPへ >  戻る