TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真デリー


デリー
これは何だ?  「実は・・・」  と言うのがインドの心
デリー
デリー
デリー
ラクシュミー・ナーラーヤン寺院はインドのヒンドゥー教寺院でシバ神以外の神も祭られています。
ヒンドゥー教は輪廻転生を教え、新しく甦るためには破壊もありえると教えます。
シバ神は破壊を司る神で「オ~~~ム~~~♪」と唱えます。
シバの5世代後に甦ったのがブッダで、ブッダからは次の世代がまだ甦っていないそうです。
ノルウェイジャン・フォレスト・キャット:かための猫用品を使用
まだ子ドラ猫なのであまり抜け毛は激しくないのですが、アンダーコートまでしっかりすくい上げて面白いように毛が取れました。
スリッカーやラバーブラシはほとんど取れない上に痛がって大変でしたが、猫用品はゴロゴロ言ってとかさせてくれます。

これからも使い続けたい一品です。

ロシアンブルーとアビシニアンに使いました。
ロシのほうは、毛が細いのであまり取れませんでしたが、アビのほうはもっさり取れました。
アビは前使っていたゴムのブラシだと嫌がって逃げてしまうし、毛が飛んでしまうのであまり被毛の手入れしてなかったのです。
猫用品は気持ちいいらしく、目を細めています。

日本ドラ猫2匹
猫用品は大変いいですね。評判通りです。
ドラ猫が逃げずに、喉を鳴らして擦り寄ってくる様に、二人して驚きつつ感激しています。
今までは櫛などを見たとたん逃げ回っていたのが、魔法にかかったように大人しく、どころか喜ぶ様に驚きです。
品物も良く、丁寧に出来ていて生き物に優しい作りになっています。
これを開発・商品化された方の動物に対する愛情が伝わってくる思いがします。

ロングスコ、スコティッシュ・フォールド、MIX
10日間試してみましたが、ロングスコの毛吹きの良過ぎる子にはやや歯が立たない感じでした。
しかしもう1匹のスコは猫用品が気に入ってくれたようで、梳かさせて貰えるようになりました。
MIX子ドラ猫も逆毛を立てるように梳いた後で、毛の流れに沿って再度梳かすと意外と抜け毛が取れました。
結局、猫用品を気に入ってくれたのは4匹中1匹だけでしたが、他のドラ猫達も、以前よりは長く梳かさせてくれるようになったような気がします。

お蔭様でグルーミングの作業が少し楽チンになりました。

日本ドラ猫
猫用品を使ってみましたところ、
肌触りが良いのか、とても気に入ったようです。
抜け毛処理だけではなく、マッサージとしても心地よさそうな表情を見せてくれました。
今まで使っていたスリッカーブラシは、お蔵入りになりそうです。

ドラ猫MIX
早速使ってみましたが、本当によくとれます。
おもしろいほど取れます。
癖になる感じで、ついつい猫用品に手が伸びます。
ドラ猫の方も気持ちがいいようでゴロゴロ言ってお腹まで出してきます。
ほんとにステキな物を開発されましたね!
鉢を褒返して見ると鉢裏にはほとんどの場合胎土が露出している。
この胎土は躍地や時代、作者により必ず個性を持った土を使朋しているので、窯場の特定には最もわかりやすい手掛りである。
小品盆栽錐の場合大きく分けて支郡の上目であるか、H本の土Hであるかにまず分類される。
そしてそのそれぞれが陶土と磁土に別けられる。
陶土……主として宣興で枕栽鉢として清末に焼成された泥物(紫泥・朱泥・自泥等々)か、それに上舳をかけた鉢が大部分.それ以萌のものは、野香炉を小品盆栽鉢に転用した歴史的な品等(鳥泥・桃花泥等)があるが、数は全体から見るときわめて少ない。
紫泥・朱泥・自泥等の土口は日本の陶上に比較するときめが細かいが無造作で精選度がおとる独特の感じを持っているので、一度覚えると忘れられないものである。
磁土……清の薙正・乾隆以後に焼成された、いわゆる南京が主でほとんど上租がかけてある。
目本の伊万里・平-11等の磁器焼の磁上と比較すると黒色の小さなゴマ状の粒子(デンドライト)が高台の切り口に見られるのが特色である。
また鰆代が下がると共に、糒選が進みデンドライトは少なくなっているので、この黒点は年代の判定にも大切である。
その他香炉や筆洗に後から穴をあけて鉢としたものが散見するが、これは少数の高級鉢で様式で時代と産地がだいたい支郡に発主したものか、昭和十三年代の支郡縫貨商の発主によるものかなど、較前は雑誌。
小品盆栽'の珍鉢図録の藻坂四渓氏によって、あるいは最返は小品盆栽大辞興において片山、瑛内両氏が深く研究なさっている。
お好みへ、  TOPへ >  戻る