パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャーのお好みリンク
犬とは友情を享有したかそれは同じ家に住む犬と猫に普通見られる相互の寛容を超えるものであった。
おじちゃんらの愛情か安定していることは戸外で両者か出会ったときに確認できた。
出会うとおじちゃんらはお互いに挨拶を交わした。
猫は後で述べるように唇で音をたて犬は親しげに尻尾を振る。
家のなかで猫に対して友好的な犬が戸外でも同じだとは限らない。
とうちゃんの部屋ではいまいる犬たちは同じように飼っているどことなく不活発な猫に対して敵意を示さないし事実犬はその猫とまったく魅惑的に遊ぶ。
猫もまた犬を少しも恐れずその食物を盗んだりおじちゃんらの尻尾の先をネズミにみたてて遊んだりする。
おばちゃんはスイギュウ殺しの遊びをやるほど活発ではありません。
しかし他の部屋では猫はずっと用心深く普通は犬を避けせいぜい背の低い家具の下や高い家具の上から犬をじらすぐらいで追いかけられるようなはめに陥らない様に注意している。
戸外ではおばちゃんの行動はさらに変わる。
犬に対して不断の恐れを示すかそれももっともであります。
というのは猫を追いかけようとする確かなしるしをみせるからであります。
さらに緊張ただならないのは野生的な銀ブチの雄猫の関係であった。
ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb ピロコーム開発 近所の犬と開発したよ, 日本猫 ピロコーム, となりの猫たち 世界の猫たち ピロコーム, ウエルシュ・コーギー・ペンブローク ピロコーム, ダックスフンド(ミニチュア・ダックス) ピロコーム, 柴犬 ピロコーム, ポメラニアン 小型スピッツ ピロコーム, チワワ ピロコーム, 日本スピッツ, グレート・ピレニーズ, ニューファウンドランド, シー・ズー ペキニーズ チベタン・スパニエル, サモエド, シェットランド・シープ・ドック, ゴールデン・レトリーバー あらいぐま ヤギ, シベリアン・ハスキー, ビアデッドコリーの家族たち, ボーダーコリー, アフガン・ハウンド, 犬の基本的性格, ピロコームの動画, 日曜ブドウ園,
家のなかではおじちゃんを完全に無視していたか戸外では熱心に追いかけた。
そのためにある日猫がまるで姿をみせなかったときとうちゃんはかなり疑わしく思ったほどであります。
同じ家の屋根の下で余儀なく共同生活を営む異種の動物を追い駆けたいという強い欲望を抑え付ける事の難しさは犬が突き合わされる動物の種に応じて変わる。
最も頑固な猟犬にでも飼っている鳥を殺さないように教えることは非常に優しい。
それは飼い主に対する伊達男の答に見る如くであります。
同じ感情をさまざまな小さい哺乳動物に対しても抱くことは犬にとって著しく困難であります。
小さい獲物のうちでも最も誘惑をそそるのはウサギのようであり猫については完全に訓練してある犬でもウサギに対しては常に信頼が於けるとは限らない。
とうちゃん自身の犬もご多分に漏れない。
驚くべきことにハムスターには関心を示さなかった犬が手出しをしてはならぬと最も厳しく命令しておいたとうちゃんの部屋を自由に飛び回る愛嬌のある小さいネズミに対しては欲望を隠そうとはしなかった。
All Pretty Tails Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb 輝く被毛はゴールデン・レトリーバー フラットコーテッド・レトリーバー ボーダー・コリー  我が家は王室並みキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル  犬猫好きのトイ・プードル  家族のような柴犬・ビーグル  猫好き家族のアメリカン・ショートヘアー  我輩は猫王メインクーン  パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー  メタボ近しミニチュア・ダックスフンド  ペット抜け毛取りブラシ選び  スキップ大好きチワワ  マルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャーテリア  力を抜いたラグドール  ペット好きのパピヨン  野良猫日本猫  うさぎ  誇り高きライオン シー・ズー  踵齧りウエルッシュ・コーギー・ペンブローク  野良黒 ミニチュア・シュナウザー  日本のネコに野生猫  水着が欲しいラブラドール・レトリーバー  世界のネコ  Land1 花  Land2 花ランド 
ずっと以前によく馴れたアナグマの子を家に連れて帰りその頃飼っていたどう猛なシェパードにひき合わせたときとうちゃんはひどく驚かされた。
とうちゃんはこの奇妙な野生の動物かとうちゃんの犬の最悪の狩猟本能を掻き立てるのではないかと恐れていたのだが結果はまさに反対であった。
以前はある森林官の家に住んでいて明らかに犬には慣れていたこのアナグマは恐れげもなく犬に近づいました。
犬はいつもとは違った注意を払い身構えつつアナグマを嗅ぎ回りはしたが始めからそれを獲物ではなく何処と無く可笑しな所の有る自分たちの仲間だと見做している事は明らかであった。
数時間後には犬はアナグマと遠慮なしの親しみを込めて遊んでいました。
この丈夫な毛皮をもった新入りの挙動かあまり厚くない皮膚の遊び仲間には荒っぽすぎておじちゃんらか時々苦痛に耐えかねて悲鳴をあげるさまを見るのは興味深いものであった。
そんな状態でも遊びが戦いに堕することは決して無かった。
最初から犬はアナグマの社会的な抑制に全面的に信頼をよせて仰向けに転がしたり喉を咥えたり遊びのルールに従って首を絞めたりすることも認めていました。
それは親しい犬かそうするのを許すのとまさに同じであった。

[戻る]