ムガル帝国写真 TOPへ戻る
ムガル帝国写真

ムガル帝国は




ムガル帝国写真

ーータージマハールーー

タージマハール 1

タージマハール 2

タージマハール 3

タージマハール 4

タージマハール 5

タージマハール 6


ーーアグラフォートーー

アグラフォート 1

アグラフォート 2

アグラフォート 3

アグラフォート 4

アグラフォート 5

アグラフォート 6

アグラフォート 7


ーーファテープルシークリーー

ファテープルシークリー 1

ファテープルシークリー 2

ファテープルシークリー 3

ファテープルシークリー 4

ファテープルシークリー 5

ファテープルシークリー 6


ーーデリーーー

デリー 1

デリー 2

デリー 3

デリー 4

デリー 5

デリー 6

フマユーン廟 1

フマユーン廟 2

クトゥプミナール 1

クトゥプミナール 2

ラージカート 1


ーーデリーへの道ーー

デリーへの道 1

デリーへの道 2


ラジャスタン

ーーーアグラからジャイプールへーー

ジャイプールへ行く道 1

ジャイプールへ行く道 2

ジャイプールへ行く道 3

ジャイプールへ行く道 4


ーーージャイプールの街ーー

ジャイプールの街 1

ジャイプールの街 2

ジャイプールの街 3

ジャイマハール 1


ーーーアンベール城付近ーー

アンベール城付近 1

アンベール城付近 2

アンベール城付近 3


ーーーアンベール城ーー

アンベール城 1

アンベール城 2

アンベール城 3

アンベール城 4

アンベール城 5


ーー風の宮殿ーー

風の宮殿 1

風の宮殿 2

風の宮殿 3

風の宮殿 4

風の宮殿 5


ーージャンタル・マンタル天文台ーー

ジャンタル・マンタル天文台 1

ジャンタル・マンタル天文台 2

ジャンタル・マンタル天文台 3


ヴァーラーナスィー

ーーーガンジス河の朝ーー

ガンジス河の朝 1

ガンジス河の朝 2

ガンジス河の朝 3

ガンジス河の朝 4

ガンジス河の朝 5

ガンジス河の朝 6

ガンジス河の朝 7


ーーーガンジス河の夕ーー

ガンジス河の夕 1

ガンジス河の夕 2

ガンジス河の夕 3


ーーバナーラスーー

バナーラスの街 1

バナーラスの街 2

バナーラスの街 3

バナーラスの路地 1

バナーラスの路地 2


ーーサールナートへの道ーー

サールナートへの道 1

サールナートへの道 2

サールナートへの道 3


ーーサールナートーー

サールナート 1

サールナート 2

サールナート 3

サールナート 4

サールナート 5

サールナート 6


ーー夜汽車の風景ーー

夜汽車の風景 1

夜汽車の風景 2

夜汽車の風景 3


猫が偽りの戦いをするのと本当に戦うのを観察した結果とうちゃんは前記の運動が戦いの最中には決して行われないことを信じている。
攻撃者がその首に爪をかけ下方からのどに噛みつくことになる獲物は必然的にその捕食獣よりも大きいはずであります。
しかし我々が飼っている家猫にもその野生の先祖にもそのように大きな獲物を殺す習慣はありません。
そんな訳できわめて興味深く確かにそう珍しくはないこの現象は恐らくは類縁の動物に広く見られる系統的な意味で古い起源の一連の動作か種の保存のためという木来の機能を失ったという事実によるのであろう。
しかもそれは現在はたんに遊びのときにのみあらわれるとはいえ遺伝的な形質として残っているのであります。
死んだ後で数年前にとうちゃんはもう一度遊びのさいのスイギュウを殺す運動を猫が演ずるのを見る事か出来た。
このときには「ライオソ」の役は大きな銀ブチの雄猫でとうちゃんの一歳半の娘の親友であった。
その雄猫は気難しくて大人しいなどとはとても言えぬしろものであったかやることはじっとがまんしていました。
雄猫は子どもと殆ど同じ位大きかったかしじゅうおばちゃんか抱き抱えて運ぶことを許した。
すると美しい黒と銀の輪になった尾かいつでも地面を引き摺るのであった。
最もそれは遅かれ早かれ踏みつけられおばちゃんはたちまちよろめいておじちゃんの上に倒れるのであった。
そんなときにも噛みついたりひっかいたりしなかったことはたしかにおじちゃんにとっての立派な名誉だった。
そのお返しに雄猫はスイギュウの役を演じさせた。
おじちゃんか待ち伏せては急に襲いかかり猛然と無視破りついて体のどこかをがぶりとやるのをみるのはスリリングであった。
もちろんそれは木気ではなかった。
すると子どもは悲鳴をあげたか同じように木気ではなかった。
このような運動か昔の狩猟の習慣の名残りであるというとうちゃんの理論はそれが遊戯に移行するに先だって高度にリアルな待ち伏せやしのび寄りのプロセスか演じられるという事実によっていっそう強く確証される。

お好み  TOPへ