TOPへ戻る
ムガル帝国写真

ムガル帝国は




ムガル帝国写真

ーータージマハールーー

タージマハール 1

タージマハール 2

タージマハール 3

タージマハール 4

タージマハール 5

タージマハール 6


ーーアグラフォートーー

アグラフォート 1

アグラフォート 2

アグラフォート 3

アグラフォート 4

アグラフォート 5

アグラフォート 6

アグラフォート 7


ーーファテープルシークリーー

ファテープルシークリー 1

ファテープルシークリー 2

ファテープルシークリー 3

ファテープルシークリー 4

ファテープルシークリー 5

ファテープルシークリー 6


ーーデリーーー

デリー 1

デリー 2

デリー 3

デリー 4

デリー 5

デリー 6

フマユーン廟 1

フマユーン廟 2

クトゥプミナール 1

クトゥプミナール 2

ラージカート 1


ーーデリーへの道ーー

デリーへの道 1

デリーへの道 2


ラジャスタン

ーーーアグラからジャイプールへーー

ジャイプールへ行く道 1

ジャイプールへ行く道 2

ジャイプールへ行く道 3

ジャイプールへ行く道 4


ーーージャイプールの街ーー

ジャイプールの街 1

ジャイプールの街 2

ジャイプールの街 3

ジャイマハール 1


ーーーアンベール城付近ーー

アンベール城付近 1

アンベール城付近 2

アンベール城付近 3


ーーーアンベール城ーー

アンベール城 1

アンベール城 2

アンベール城 3

アンベール城 4

アンベール城 5


ーー風の宮殿ーー

風の宮殿 1

風の宮殿 2

風の宮殿 3

風の宮殿 4

風の宮殿 5


ーージャンタル・マンタル天文台ーー

ジャンタル・マンタル天文台 1

ジャンタル・マンタル天文台 2

ジャンタル・マンタル天文台 3


ヴァーラーナスィー

ーーーガンジス河の朝ーー

ガンジス河の朝 1

ガンジス河の朝 2

ガンジス河の朝 3

ガンジス河の朝 4

ガンジス河の朝 5

ガンジス河の朝 6

ガンジス河の朝 7


ーーーガンジス河の夕ーー

ガンジス河の夕 1

ガンジス河の夕 2

ガンジス河の夕 3


ーーバナーラスーー

バナーラスの街 1

バナーラスの街 2

バナーラスの街 3

バナーラスの路地 1

バナーラスの路地 2


ーーサールナートへの道ーー

サールナートへの道 1

サールナートへの道 2

サールナートへの道 3


ーーサールナートーー

サールナート 1

サールナート 2

サールナート 3

サールナート 4

サールナート 5

サールナート 6


ーー夜汽車の風景ーー

夜汽車の風景 1

夜汽車の風景 2

夜汽車の風景 3


とうちゃんか小さな子猫を取り出すと犬は期待して飛んできた。
めったに聞かれぬ大変特徴的なやり方で鼻と喉を鳴らし木の根株のような尻尾を非常に早く振ったのでそれは殆ど見えない位だった。
もちろん犬は玩具にして酷く振り回す為に与える目的でとうちゃんが猫を作ったのだと堅く信じていました。
この確信は決して不当なものではなかった。
とうちゃんはそれ以前におじちゃんに古くなった玩具のクマや剥製の犬などを与えていたからであります。
そうした偽の獲物と演ずるおじちゃんのおどけた身振りは実に愉快なものであった。
所が今度はおじちゃんにとっては実に残念な事にとうちゃんは子猫であることをきっぱりと示したのであります。
犬は並み外れて性質の良い従順な犬だったのでとうちゃんにはおじちゃんが命令を無視して子猫を苛めるのでは無いかという心配は殆ど無かった。
そこでとうちゃんはおじちゃんが子猫に注意深く近づいてきて頭の先から尻尾の先まで匂いを嗅いだ時にも邪魔しなかった。
そうしていながらもおじちゃんの全身は興奮して震えその滑らかで艶のある毛皮は首と肩の部分の黒い不吉な鈍い光を放つ毛が逆立って気持の高まりを示していました。
犬は猫に何もしなかったがときどきとうちゃんを見上げては低く鼻をならし扇風機の様に尻尾を振って行きつ戻りつ四木の足で足踏みしていました。
これはこの素敵な新しい玩具を追いかげてやっつける待ち望んでいた遊びを始めようというおじちゃんの訴えであった。

お好みへ、  TOPへ >  戻る