TOPへ  >   戻る
ムガル帝国写真アグラフォート
パンジャブ州アグラ



アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

アグラフォート

小物盆栽などでしたら、大物盆栽の陰になるようなところに置くのもよい方法ですが、水やりの際、目こぼしをしてしまわないよう十分な注意が必要です。
長雨には排水の工夫を、梅雨の終わり頃は、雨の日が続くようなことがよくあります。
排水のよい用土で植え込まれたものでも、鉢中に水が溜まるようなことがあります。
根ば、土中で呼吸活鋤を行っています。
鉢中に水が溜まるということは、それだけ空気の入る所がないわけで、酸欠状態ということになります。
したがって根は窒息状態になり、根腐れなどによる生育不良の原因になりまず。
雨の日が続くようなときは、鉢中の溜り水をできるだけ早く排水できるようにしなければなりません。
初心者でも簡単にできる排水方法としては、次の三つがあります。
①鉢底の一方にかいもをして、鉢を傾ける。
②鉢底の穴に布明れなどを差し込み,鉢中の水を鉢外に送り出すようにする。
③砂廉などに鉢底を埋めておく。
などがあります。
いずれの方法でもかまいませんから、各人それぞれに部合のよいように工夫し、鉢中の溜り水の排水を心掛けてください。
小物盆栽などは、③の方法が簡単なので、わたくしは実行しています。
鉢に水が溜るようなら穴をあける。
植え換えなどを怠ったため、鉢中への水通りが悪く、梅雨のときなど鉢の表面に水が溜っているようなものがあります。
これでは上部は水につかって空気が不足しますし、水の通らをい下部は、水不足だけではなく、上部の水のため.古い空気を誹出することができず、酸欠状態で枯死の原因にもなります。
そこで、このような鉢は.水が上から下へと流れ出るような応急処覆が必要になります。
応急処置としては竹箸などで、鋒土の表面から鉢底に向けて突ききし、穴を数カ所あけて、穴の部分に新しい用土を入れてやります。
今、里帰り出産の為に、預かっていてペット用品を使えるようになってウハウハです。
それがまた、預かった時点では、この世のものと思えないような見事な毛板(毛玉ではなくて毛板)をたくわえていてその毛板の厚さたるや、10cmという前代未聞のものでした。
半月ビッチリ時間をかけて、全て取り去りやっとペット用品が通るようになったんですよ。

ビアディは普通、毛玉がひどくなると丸刈りにしてしまうんですが刈らなくてもここまで出来るという、いい見本になったようです。
まずは毛玉を作らないことが先決なんですけどね。

ペット用品~~
さっそくサクサクやってみましたー
いいっ! とってもいいよ~~サイコー♪
なにしろちっとも嫌がらないんだよ~ううう(嬉し泣き~)
お好みへ、  TOPへ >  戻る