Topgo5
パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー
パグ、  フレンチ・ブルドッグ、  ミニチュア・ピンシャー、  パグ





















パグ


パグ犬の呼び声
ここ数年、パグちゃんのしつけに対する相談がずいぶん増えたような気がする。
これって何でなんだろう?最近のパグちゃんが以前に比べて急に聞き分けが悪くなったわけでも、やんちゃになったせいでもないし・・・。
飼い主さんたちがパグ犬の訓練に関心を持ち出したって事なのかな?それとも、全くパグ犬のしつけのことに関心をもっていない人までブームに乗ってしまい何の準備もしないままにパグ犬を飼い出したって事なのかな?。
今と昔では一番変わったのはパグ犬を飼う環境かも知れないですね。
ひと昔前まで日本の犬の飼い方はほとんどが屋外で短い鎖につないだ飼い方だったよね。
よくアメリカの映画とかでもゴールデンやコリーといった大型犬が家の中を自由にうろうろしているのを見てあんなに大きな犬をよく家の中で飼えるなあって思ってた人も多かったハズです(当時子供だった私もそのひとり)。
日本ではまだまだ一戸建て・お庭・犬、これぞマイホームみたいな所もあったりして、『お庭で犬を飼いたい!』という子供のおねだりはあっても『おうちのなかで犬を飼いたい』というのはあまり無かったような気もする。
最近の日本では「犬は屋外で飼うものから、犬は家の中で飼うもの」にみんなの意識が大きく変わってきたって事なんだろうね。
そうなってくると庭での繋ぎ飼いと違って家の中だと犬との接触も当然多くなってくる。
接触する時間や機会が多くなるとそれだけトラブルも起きてくるって事なんだね。
でもその「トラブル」つて一体何だろう?犬と人間はそもそも違う動物で、価値観も違えば当然生活習慣も違うし同じ人間だって、他人と一緒に暮らし始めれば当然トラブルは起こる。
それを巧く修正しつつみんな暮らしているんだと思う。
 それをどう修正していくか?犬の訓練とはきっとそういうものなんだろう。
その為に、まず相手(犬のこと)を知る、相手の習性、本来の生活習慣を理解する、そして妥協できる部分は妥協する。
その上で一緒に生活する事が始まるのだと思う。
 ワンちゃんに一方的に自分の生活習慣のみを押し付け限りなく妥協させたりしても、絶対に仲良くは暮らすことはできない。
当然トラブルは起こる。
これは犬と人に限った事では無く、人間同士、夫婦、恋人同士でも一緒だよね。
みんな、もっともっと、犬の習性を理解しなきゃいけないし、理解しようと努力するべきだと思う。
そして、犬より少しだけ賢い人間が犬と同列になって、ワイワイと喧嘩したり、暴力を振るうんじゃなくって、上から見て巧くコントロールする方法を考えよう。
犬たちだって日々勉強しているんだから、だからワンワン吠えた朝にちゃんと散歩に連れて行ってあげれば次の日も朝になるとちゃんとワンワン吠えるんだよ。
それはつまりあなたが教えてあげた事なんだからね。
 犬はちゃんとメッセージを理解して次の日も次の日も約束を繰り返しているだけなんだよ。
なのにうるさいダメ犬だなんて・・・そんなことを思ったりしている今日この頃です。
老パグ犬の病気
老雄パグ犬の便秘。
「おじいさんの長小便」という言葉をどなたも一度はお聞きになられたことがあるだろう。
そう、男が長生きすれば避けては通れないのが前立腺肥大の問題だ。
しかし、動物種が変わると事情も大きく変わってくる。
人間の男は年齢と共に前立腺が締め付けるように肥大する。
つまり中心に向かって大きくなるため尿道が圧迫されて排尿が困難になるのだが、犬のオスでは外側に向って肥大する。
そして前立腺の周りの臓器や組織を圧迫する。
一般的に圧迫を受けるのは直腸であり、結果として排便困難を起こしたりする。
 症状として見受けられるのは紐状の便であり、排便時の強い息みなのだ。
この強い息みと加齢などによる組織の脆弱化か会陰ヘルニアと呼ばれる厄介な臓器の逸脱を招いてしまうこともある。
 通常、犬の便秘という話になれば、この前立腺の問題や会陰ヘルニアであることが多く、その90%以上が去勢をしていない雄犬に発生する。
 次のカルテはと手に取ると、パグ犬の12歳はウンチが出ないとメモ書きがある。
さっそく診察室に入ってもらった。
「ウンチが出ないのですか?」そう問うと。
 「はい、散歩に行くと何度も何度も息んでくるくると回ったりするのですが、ほんのわずか出るだけで苦しそうで・・・」 とお母さん。
 「それは辛いですね。
いつごろから始まったのですか?」。
 「ほとんど出なくなったというのは最近なのですが、もともと便秘症でいつも出にくそうでした。
」  「そうですか。
しかし人のように単純な便秘症というのは犬ではほとんどないんですよ。
むしろ、たいていは他の問題の結果として便秘が起こっているんです」。
 そう説明しながら、診察台の犬の身体検査を始めた。
12歳を超えた犬の顔には白髪が目立ち、診察台の上ですらうとうと居眠りをしそうなくらいに好々爺然としている。
肛門の周りを観察すると、組織がやせ、坐骨結節が目立つにもかかわらず肛門との間にはソフトボール大もあろうかという大きなふくらみがあり、触ってみるとゴツゴツとウンチらしき塊が詰まっているのが分かる。
典型的な会陰ヘルニアだ。
 会陰ヘルニアは腹腔が骨盤の尾側で閉じている部分つまり骨盤隔壁が直腸壁を支持できなくなって生じる。
この隔壁はいくつかの筋肉からなり、この筋肉群の加齢による萎縮や男性ホルモンによる脆弱化をペースとして、そこに前立腺や尿路の問題、肛門周囲の問題などによる息みが加わって裂け目を生じ、そこに蛇行・拡張した直腸、小腸、時には膀胱などが逸脱してしまう。
 こんな説明をしながら、レントゲン検査をすることにした。
 そこには、肥大した前立腺と肛門の下に体腔からはみ出て大きな糞塊が写っている。
幸いなことに膀胱は腹腔内にありヘルニアを起こしているのは直腸だけだった。
一前立腺の肥大で排便しにくくなり、長期間息んでいたことが最終的な原因と思います。
少しずつ裂け目に直腸が入り込み、さらに排便を困難にしていき、今の状況になってしまったのですね」。
「治療は手術でその裂け目を閉じること。
そして、男性ホルモンの関与がありますので去勢を同時に行わねばなりません。
去勢によって再発率が下がることが証明されています。
また、大きくなった前立腺は1ヶ月ほどでずいぶん小さくなると思います」。
 術式についてはこちらに任せていただく以外にはないが、単に裂け目を縫合することで目標が達成できることは少ない。
既に筋肉の萎縮や脆弱化によって強固な隔壁を再建することができなくなっている場合が多いからだ。
 一般的には骨盤の閉鎖口を閉じている内閉鎖筋を反転しそれによって隔壁を形成するようにする。
膀胱が脱出しているような症例では、精管を腹壁に固定するような補助手術を実施することもある。
樹脂製のヘルニアプレートやキチンシートなどの人工物を用いた整復術は現在では推奨されていない。
 骨盤の形態や筋肉の残り具合によって困難さは様々だが、強固な隔壁を形作るのは決して容易なことではない。
 「いずれにしましても、整復術以外に良い方法はありません。
術後の問題もないわけではありません。
多いのが排便時の痛みですね。
まれには直腸脱が起きることもあります。
いずれもそれなりの対応で徐々におさまりますので心配はありません。
むしろ問題なのは反対側のヘルニアの発生です。
去勢手術で減少するもののゼロではないということです」。
 「わかりました。
このままでは余りにもかわいそうですから、ぜひ手術をお願いします」。
 術前検査をし、手術日の打ち合わせをする。
 さらに、手術までの間、犬をこのままおいておくわけにはいかない。
肛門から指をいれ会陰部に脱出した直腸に溜まっているウンチの塊を掻き出す。
 処置後、すっきりしたのか犬は大あくびで診察室の床に寝そべっている。
 「それでは、よろしくお願いいたします」。
 そう挨拶してパグ犬のお母さんがリードを握った。
さっと身を起こしドアの開くのを待つ 。
クルッと格好良く巻いた尾の付け根の下のほうに男性のシンボルの玉々がのぞく。
 「(タマタマはたしかに男の子のシンボルなのだけど、こんな悪さもするのよね)」。
 「(男はつらいよ)」 思わず心の中でつぶやいてしまった。
パグ
























パグ


houroutanのインドの写真集
アグラ城よりタージマハル





















老犬の病気
パグ犬の病気。
 大切な家族の一員として暮らしている愛犬たちも、毎年、確実に加齢していきます。
人間に比べてずっと早いスピードで生きている彼らをみていると、私たちの人生の縮図を見ているようで、身につまされます。
 自分がもしこうなったらこうして欲しい、と思うことをぜひあなたの大切な愛犬にもしてあげて欲しいと思います。
 なぜあの時、気がつかなかったのだろう、もっとしてあげれることがあったかも、と思うことは少なからず残るものですができるだけ飼い主さんご自身もそういったことが少なくなるように、病気の事、予防の方法、高齢になった際の注意点などを知り、早期発見・早期治療に努めてあげてください。
 一般に6~7歳を越えると高齢期に入ります。
高齢期に入った犬に起こりやすい泌尿生殖器系の代表的な病気について考えましょう。
慢性腎不全はもっとも多い病気として、慢性腎不全というものがあります。
この病気は、元々そういう病気になりやすい犬種であったり、腫瘍や免疫介在性疾患などから起こったりすることもありますが、若い頃からタンパク質や塩分の過剰な食事(たとえば、私たち人間と同じ食物など)を与えすぎていたことや、一日中だらだらとした食生活をしていたことも要因になります。
 こうした食生活を長く続けていると、若い頃は平気に見えても確実に腎臓の機能を損なっていっています。
年を取ってから「腎臓が十分に働かなくなる」という事態を招いてしまうことをよく理解して欲しいと思います。
 この病気は、症状はかなり悪くなるまでわかりにくいため、よく気をつけて見てあげる必要があります。
(腎臓は沈黙の臓器といわれており、その機能の3/4を損なって初めて腎不全の症状が現れてしまうのです)。
 まず尿の量です。
室内犬ならいつもよりトイレシーツがよく濡れていてしょっちゅう換えなきゃならなくなったとか、夜中はおしっこをしなかったのにするようになったとか、そそうをするようになったとか…思い当たることはありませんか?特に複数の犬を同時に飼育しておられる方は発見が遅れることが多いので、注意してください。
 次に水を飲む量です。
いつも水を入れている食器の減り具合が速いとか、やたら水飲み場に行くとかはありませんか?腎臓が悪いと、たくさん尿が出てしまうので、喉が渇くため水をよく飲むようになるのです。
 そして、何となくやせてきている感じがしたり、抱いたら軽くなったような気はしませんか?腎不全の症状が進行すると、腎臓のはたらきがひどく低下し、本来なら尿中に排泄されるべき有害な物質(窒素化合物)がしだいに体にたまっていくため、尿毒症と呼ばれる身体に様々な悪い影響があらわれてくる状態になります。
尿毒症の症状としては、口の中や胃、腸が荒れてきり、ものを食べにくそうにしたり、吐いたり、黒っぼい下痢をしたりすることもありますし、食欲も元気もだんだん落ちてきます。
 慢性腎不全は、残念ながら完治する病気ではありません。
この病気とは一生つきあって行く覚悟が必要になります。
理想的には早めに発見してできるだけ進行を遅らせるような治療をすることです。
それは、点滴であったり、内服であったり、食餌療法であったり、これらの組み合わせであったりします。
 慢性腎不全はその病期の初期であればあるほど、食餌療法が重要です。
人間でも、食事療法をしっかりとやれば、血液透析に到る期間をうんと延ばすことができるとされています。
食餌に関しては、いろいろな低蛋白、低ナトリウムの処方食が研究されていますので、動物病院で相談してみてください。

 次に雌犬の場合、子宮蓄膿症という病気が非常に多くみられます。
予防する方法は避妊手術しかありません。
出産の有無、交配の有無はこの病気の発症には関係ありませんので注意してください。
子供を産ませたから大丈夫なんて思っていたら大変ですよ。
避妊手術をしていない高齢の雌犬なら、ならない方が珍しいくらいとても多い病気だということを知っておいてください。
避妊手術によって予防することができますので、動物病院でよく相談してみてください。
 これも腎不全と同様、水を飲む量が増え、尿も増えます。
それに加えて、子宮の中に膿が溜まってしまうタイプでは、おなかがはってきたり、(溜まった膿からの毒素が体をめぐるため)目が充血したり、食欲や元気がなくなったり、先に述べたような免疫の異常を誘発し腎不全を起こすこともあります。
 膿が出てしまうタイプでは、おしっこの出口から黄色い膿や赤茶色の液が出てきたりします。
膿が溜まるタイプよりは食欲や元気がなくならないこともあり、気付くのが遅れて、腎不全や敗血症で亡くなってしまうこともあります。
発見が早ければ、手術をすることで助けてあげられる確率はうんと高くなります。
休暇
 インドの文化は日本とは違いますね。
強いバイタリティーを感じます。
どの街にも、小さな路地にも生命力が溢れています。
そして長い歴史を引き継いでいます。

タージマハール

アグラフォート

ファテープルシークリー

デリー

ジャイプールの街

アンベール城

風の宮殿

ジャンタル・マンタル天文台

























フレンチ・ブルドッグ





















ペット用品抜け毛取り ピロコーム


フレンチブルドッグについて
首輪を抜くクセのあるフレンチブルドッグはひもを輪にして首にかける。
一瞬のうちにするりと首輪を抜いてしまう犬がいます。
首輪を抜くことを覚えた犬は、つないであるときや連れて歩くときにゆだんできません。
首輪がゆるすぎると抜けやすいし、かといってあまりきつく締めると苦しいがりますし、また危険です。
ちょうどよいのは、指が二本入るぐらいです。
特に丸い首輪の場合に抜かれることが多いものです。
連れて歩くときにあとずさりしながら首輪を抜こうとしたら、ひもをゆるめて、できるだけひもを持つ手を下に下げます。
あごのほうからひもが伸びている限り、絶対に抜かれることはありません。
抜くクセを直すには、チェーンカラーを併用するとよいでしょう。
二重に首輪をかけると、万一抜かれてもチェーンカラーで防ぐことができますし、そのときに、強いショックを与えると、首輪を抜くのをやめるようになります。
また、ひもを輪にして首にかけてもよいでしょう。
ひもを振り切って逃げようとするのは、ひもに慣らされていないためと、束縛している人から逃れようとするためで、犬は不安を感じているのです。
ひもをつけたらもう逃げられないと犬にあきらめさせることが大切です。
極端な表現をすれば、ひもをつけられたらどこにも逃げることができない、いくら抵抗してもむだだと観念させることにあります。
犬があとずさりして首輪を抜こうとしたら、軽いショックを与え、いくら逃げようとしても、逃げられないと感じさせれば良いのです。
決して「イケナイ」などと声をかけてしかるようなことをしてはいけません。
主人に不安を感じれば感じるほど、逃げようとする気持ちが強くなります。
しかることよりも安心させることが大切です。
そうすれば、ひもから受ける肉体的な不快感から逃れるためには、どうすべきかを犬自身が悟るようになります。
それは犬が逃げることをあきらめることでもあります。
ガンジス河の朝

ガンジス河の夕

サールナート

バナーラスの街

夜汽車の風景

























お好みへ ペット(犬と猫とうさぎ)の抜け毛取り ピロコーム   ピロコームとは  Philocomb is gentle and balanced brush Innovatives Haarauskammen mit Philocomb L'eccezionalepettinetoglipelo Philocomb Classy Cat & Dog Dishes Philocomb