ファイナンシャルプランナー 合田菜実子のホームページ

Top | プロフィール | 最近の活動内容 | 情報コーナー | メール相談 | お仕事のご依頼 |

情報コーナー

 

                FP資格ってどんな資格?どんな役にたつの?

 

 

 

 国家資格の 3・2・1級FP技能士 と 民間資格のAFP・CFP(国際ライセンス) という資格があります。

 試験は6科目、「ライフプランニングと資金計画」「リスク管理(保険)」「金融資産運用」「タックスプランニング」「不動産」「相続事業設計」 から成り立っており、

1級、とCFPレベルでは、1科目ずつ試験を受ける形になります。

2級FP技能士とAFPは、受験資格を満たせば、1回の同じ試験で同時に取得することができます。 筆記試験と実技試験に分かれています。

 詳しくは FP協会(ファイナンシャルプランナーズ協会)のHPをごらんになってくださいね。→ http://www.jafp.or.jp/

 

 

 さて、私は  3級と2級(AFP)資格を取得する方たちの講師をしておりますが、受講生の皆さんはすごく熱心で、非常に活気を感じます。FP資格の受験者数も年々増えていて、身の回りのお金について、特に年金・資産運用・保険の見直し などに興味をもって学習される方が増えています。

ご自分の家庭の相続問題が発生して、知識がなくて困ったから・・・。など、実生活に生かすために学習される方もいらっしゃいますし、キャリアアップのための資格取得を目指す方もいらっしゃいます。

 「自己責任」ということばをよく耳にしますが、お金にまつわることについてはもちろんのこと、誰もが自分自身に責任を持つということの重要性を最近よく感じます。

 私も、初めは主婦としての実生活に生かしたい、という単純な動機で勉強を始めた1人です。でも、勉強すればするほど、身の回りのお金のこと、大事なことに関する知識が全くなかった自分が情けなくなりました。自己責任どころか、数年前は年金って何??というレベルでした。より詳しく知りたい・・・と思って勉強を続けたらCFPを取得し、仕事に結びつけるまでになっていました。

 

   以下は私がFP資格をとって良かったこと!です。

 

☆ 現在FPとして仕事ができるようになったこと。 講師業や執筆業務。

☆ 自分の保険について、また、資産運用について、自分の意思で選び、

     責任が持てるようになったこと。

☆ 主婦としての家計管理や家族のライフプランなど、日常生活に生かせるよ       うになったこと。

 

 今は、講師業をしながら、1人でも多くの方にFPの勉強をして頂き資格を取っていただきたい!と心から思っています。

FP資格取得についてのお悩み、ご相談がありましたら、遠慮なくご連絡くださいね(#^.^#)