バストアップは、土台となる大胸筋を鍛える事と、バストの発育を促進する事が重要です。

バストが崩れる原因には、加齢、女性ホルモンの分泌量の減少、授乳、過度なダイエットなどが挙げられます。
バストは、1枚の皮膚と大胸筋だけで支えられているため、筋肉が老化していくにつれ、重力に従って徐々にバストが垂れ下がったり、バストの形が崩れてしまいます。



バストアップに欠かせない女性ホルモン

 

女性のバストは、約9割が脂肪組織で構成されており、残りの1割は乳腺組織で構成されています。

 

乳腺組織は、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが分泌される事で発達が促されています。

 

女性ホルモンによって乳腺組織の発達が促されると、周囲に脂肪が付きやすくなりますので、その結果として、バスト全体に張りや弾力がある豊かな組織が形成されます。

 

そのため、バストをマッサージして乳腺組織を刺激する事も、女性ホルモンの分泌が促されますので、バストアップに効果があると言われています。

 

また、サプリメントや食事法などから女性ホルモンの分泌を促す事も、バストアップに有効だと言われています。

 

しかし、過度なダイエットや食事制限は、下半身ばかりに脂肪を蓄えやすい体質になるため、バストが小さくなり、張りや弾力も失われてしまう場合がありますので、十分注意が必要です。



バストアップの決定版!大きさ+形も良くなる欲張り機能!
バストの発育のピークは、20歳前後だと言われています。
それを過ぎると、女性ホルモンの分泌量は少しずつ減少していき、バストの張りや弾力が失われていきます。
そのため、若い時にしっかりと形をキープできないと、バストの下垂を起こしやすくなると言われています。