たんぽぽのたね赤ちゃん教室の 良いところ! 本文へジャンプ

たんぽぽのたねのアピールポイント


神経系の発達に習熟しています
赤ちゃんの癖、運動機能、反射から、お子さんがどの発達段階にあり、どのような働きかけが有効か
どのような環境を与えたらよいか、お教えできます
■ベビーバランスボール・プログラムの開発者です
     体を大きく動かし、バランス+マッサージ+筋肉運動から赤ちゃんの発達の土台を作る
     プログラムを作成し、指導しています。
     ベビーマッサージにも、ママと赤ちゃんへ、バランスボールを使った独自のメニューを取り入れています。

■自宅出産と5年間の母乳育児を経験した2児の母です

     家庭教師は、劣等生から苦労して大学に入った人が優秀だそうです。
     出来ない人の気持ちが分かるから。
     その意味で、私ほど優秀な先生はいません(笑)
     子育ての試行錯誤から、様々な疑問にお答えする引き出しはいっぱい持っています。

■母子の絆を第1に考えています

     母子の絆は、情緒、心の問題として取り上げられますが、
     学校の勉強がよく出来るか、創造性があるかなど「人間としてよく生きる」
     様々な能力の土台ともなっています
     そのための大前提は、赤ちゃんが嫌がることをしないこと。
     
     泣いたら、必ず抱き上げて、マッサージは見学していただきます
     落ち着いたら、後からゆっくり指導します。
     無理に「やらない」ことで、赤ちゃんが安心し、次回のマッサージでは受け入れやすくなります。
         

■時間をたっぷりとっています
      たんぽぽのたねでの授業時間は、HP上1時間とさせていただいていますが
      実際は2時間か、それ以上に及びます。

      マッサージが終わってから、ゆっくりお茶を飲む時間で、
      おっぱいや赤ちゃんに対してどんな心配があるのか、どんなことを望まれているのかが少しずつ
      分かります

      腰のつらさを訴えられる方がいれば、みんなで体を緩める体操をします。
      おっぱいのつまりを訴えられる方がいれば、おっぱいの根元をはがす体操をして、
      民間療法をお教えします
      赤ちゃんの向き癖や、動きに心配があれば、神経系の発達の道筋で通る手段として説明し、
      発達の次のステップに進む動きを お教えします

      きちんと対象法などをお教えした上で
      私が大切に思っていること、「ファジーであれ!」ということを、心がけて申し上げます。
      適当さが、大切だよ!ということです。
      
      子育ては、四角四面ではありません。ママの個性と赤ちゃんの個性がぶつかり合う
      ∞の組み合わせの正解があって良いのです。
      あふれる情報の中から、お母さん自身が、カンを働かせて、取捨選択する力をつけ、
      ストレスフリーで育児をする。
      このお母さんの「私は私」という自信が赤ちゃんを安定させます。

      そして、1回目は、泣き通しだった子も、回を重ねるごとにリラックスし、3回が終了するころには、
      笑顔でマッサージを終えます。
      それは、まさにお母さんのリラックス度に対応しています。

      お母さんのリラックスあってこそ、初めて、温かな手技となり、
      いろいろな効果を有効にする、ベビーマッサージ本来の役割を果たすことが出来るのです。

■沢山の赤ちゃんを見ています

      週に3回〜4回程の教室を開き、毎回複数人の赤ちゃんとお母様にお会いしています。
      そして、ママがてこづっているぐずる赤ちゃんを寝かせるのが、大好きです。

■赤ちゃんが大好きなんです

      いや〜、どういう訳か、昔から赤ちゃんに興味深々でした。。
      進路は美術系だったんですが、胎児やその発達のダイナミックさに引かれて
      胎児の写真集や、胎児の進化の本をかってしまう高校生でした。
      今は、本物の赤ちゃんがもちろん大好き。
      そして、ママはかわいい娘のように思えるのです。
      

こんな教室です!皆様よろしくお願いします  
ベビーマッサージに戻る