□東洋医学の中心となる内容を簡単にまとめてみました。

■五臓六腑

  • 五臓とは・・・肝、心、脾、肺、腎、を指します。
  • 六腑とは・・・胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦、を指します。

  • ※三焦腑:体の上中下の三部に水分をくまなく巡らせることが主で その他の五臓五腑が健全であれば、三焦の作用も健全となります。

■陰陽五行の思想

  • 太極分かれて陰陽となる。陰陽、さらに五行(木火土金水)、化して万物を生ず。
  • この世の森羅万象(人間の運命=吉凶禍福や生老病死も含む。)は、これらの五元素によって形成される
  • 陰陽の二気と、その枝分かれである五行とが、健康状態を司る。



























西


(赤)

(黒)



















































(憂)


■相生五行  

  • 木は火の親である
  • 火は土の親である
  • 土は金の親である
  • 金は水の親である
  • 水は木の親である





■相剋五行  

  • 木は土の仇敵である
  • 土は水の仇敵である
  • 水は火の仇敵である
  • 火は金の仇敵である
  • 金は木の仇敵である




■五臓との関連  

  • 心-小腸、顔面、舌
    大脳の働きと心臓血管系(循環器系)
  • 脾-胃、口、口唇
    消化器系
  • 肺-大腸、鼻、肌
    呼吸器系
    (皮膚、毛孔を含む)
  • 腎-膀胱、耳、歯
    泌尿生殖器系、
    ホルモン系、水分代謝、
    骨、カルシウム代謝、
    免疫、頭髪、など
  • 肝-肝、目、爪
    血液貯蔵、情緒、
    生体リズム、筋腱