ようこそアイサン交通へ



ハロウィン

                            送迎・観光バスのご用命はアイサン交通
お問い合わせ TEL 0564−82−4661
メール
メール
 
 日本にも定着したハロウィン☆☆☆



10月31日はハロウィン
                            
 ハロウィンの由来・起源

ハロウィンは、毎年10月31日に行われる、ヨーロッパを発祥とする祭りです。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊
などを追い出し宗教的な意味合いのある行事で、11月1日のカトリックの聖人である万聖節の前の晩に行われ
ます。

ハロウィンの起源は、2000年以上昔の古代ケルト民族の宗教儀式のひとつで、元々はキリスト教の儀式ではあ
りませんでした。
後にキリスト(カトリック系)がケルト民族を侵略し、ドゥルイド教の習慣を根絶するのではなく、都合のいいよう
にキリスト教に取り入れるようになりました。

最近では、日本でもクリスマスと同じような盛り上がりを見せているハロウィン。ハロウィンの日は、カボチャをお
化けの形にくりぬいたジャック・オー・ランタンといわれるものを飾り、仮装した子どもたちが「トリック オア トリー
ト」といいながら近所を回りお菓子を貰うお祭りになっています。


ジャック・オー・ランタン


ジャック・オー・ランタンとはオレンジ色のカボチャの目や口など
形抜いてくりぬいていき、その内側にロウソクを立てて灯した提
灯のことで、ハロウィンのシンボルとして有名です。

カボチャにはお守りとしての意味があり、カボチャの提灯は悪霊
から守る番犬の役割があるそうです。

またカボチャのロウソクは日本のお盆のように親族の霊の目印
という意味合いがあるそうです。

この提灯を作る風習は、イギリス地方が始めたようですが、最
初はカブを使って作っていたそうです。

それがカボチャを使うようになったのはアメリカに渡ったとき、ア
メリカにはカボチャが沢山あったからだそうです。

ジャック・オー・ランタンの名前の由来はアイルランドの物語が
由来だと言われています。
 



ハロウィンイベントを楽しめるスポットがたくさんあります。すっかりハロウィンも
定着した昨今、たくさんの人と一緒に仮装パーティーに出かけましょう。


豆知識・・・本来オレンジ皮のカボチャの事を「パンプキン」と言います。
日本のカボチャは「ジャパニース・スクワッシュ」と呼ぶそうです。



戻る
戻る